編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ドン・キホーテ、基幹系システムをAWSへ全面移行--インフラの拡張性を強化

NO BUDGET

2018-09-14 17:35

 ドン・キホーテは、基幹系システムをAmazon Web Services(AWS)へ全面移行した。移行作業をサポートしたユニックスとシステムサポートが9月12日に発表した。移行作業は2017年6月から2018年4月に掛けて実施され、新システムは4月に稼動開始している。

 移行プロジェクトは、ユニックスが全体を主導し、移行に伴うアプリケーションの再実装やオンプレミスからの切り替えを行った。システムサポートは、AWSを活用した拡張性および災害発生時の可用性に対するアーキテクチャやインフラ設計の支援と、環境構築を担当した。移行に先立っての動作検証、チューニングを綿密に実施したことで、切り替えに伴う業務停止時間を数時間で完了させた。

 ドン・キホーテは2013年から、商品の受発注や売上・利益・在庫管理などを行う基幹系システムに、ユニックスが提供するパッケージソリューション「NextTAURUS」を導入している。

 今回の同システムの移行の効果として、インフラの柔軟な拡張、事業継続計画の強化、運用コストの削減などが挙げられている。

 仮に買収・合併により店舗数が100店舗規模で増加する場合でも、従来であれば半年以上の納期が想定されるところを、新環境ではシステム構成の見直しからその構築までの工程を1カ月以下で実施できる見込み。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]