編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

ロボットの歴史を振り返る--古代神話から近代まで - 2/14

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-13 07:30

ロッサム万能ロボット会社(Rossum's Universal Robots)
 「ロボット」という言葉は、チェコの作家であるカレル・チャペック(Karel Čapek)が考案し、1920年発表の戯曲『ロッサム万能ロボット会社(Rossum's Universal Robots)』で初めて使用したと言われている。この作品は、工場で作られた(生まれたわけではない)ある種の生命体が物語の中心になっている。ロボットという言葉の起源はチェコ/スラブ系の言語にあり、領主に従う農民の労働を意味する「robota(ロボタ)」から派生したと言われている。つまり、人のために働くという意味だ。少なくとも当初は人間に従っていたロボットたちだが、戯曲の中では創造者らに反旗を翻し、人類を滅亡させてしまうのだ。

ロッサム万能ロボット会社(Rossum's Universal Robots)
 「ロボット」という言葉は、チェコの作家であるカレル・チャペック(Karel Čapek)が考案し、1920年発表の戯曲『ロッサム万能ロボット会社(Rossum's Universal Robots)』で初めて使用したと言われている。この作品は、工場で作られた(生まれたわけではない)ある種の生命体が物語の中心になっている。ロボットという言葉の起源はチェコ/スラブ系の言語にあり、領主に従う農民の労働を意味する「robota(ロボタ)」から派生したと言われている。つまり、人のために働くという意味だ。少なくとも当初は人間に従っていたロボットたちだが、戯曲の中では創造者らに反旗を翻し、人類を滅亡させてしまうのだ。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]