編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

ロボットの歴史を振り返る--古代神話から近代まで - 10/14

Greg Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-13 07:30

オートマタ
 1780年、サンクトペテルブルクの発明家であるアボット・ミカル(Abbot Mical)は、会話をする機械を開発した。機械仕掛けの頭部が台座の上で向き合い、人工声帯を使ってお互いに会話をする。この時代には、お茶を飲んだり、楽器を演奏したり、複雑な踊りをしたりするさまざまな機械人形(オートマタ)が作られた。

オートマタ
 1780年、サンクトペテルブルクの発明家であるアボット・ミカル(Abbot Mical)は、会話をする機械を開発した。機械仕掛けの頭部が台座の上で向き合い、人工声帯を使ってお互いに会話をする。この時代には、お茶を飲んだり、楽器を演奏したり、複雑な踊りをしたりするさまざまな機械人形(オートマタ)が作られた。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]