編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ラック、自動セキュリティ監視サービスの基盤を提供開始

NO BUDGET

2018-10-04 17:04

 ラックは、自動セキュリティ監視システム「CloudFalcon」を新規開発し、提供を開始すると発表した。同システムは、セキュリティアナリストによる高度な監視サービス「JSOC MSS」のノウハウを活用している。

 主に大手企業向けに提供してきた「JSOC MSS」は、セキュリティ監視分析システム「LAC Falcon」をベースにしているが、「CloudFalcon」は、このLAC Falconで開発してきた20万を超える分析ルールに加え、「JSOC MSS」や「サイバー救急センター」などで得られた脅威情報から新たに生成される分析ルールを適用している。

 「CloudFalcon」を利用することで、専門のセキュリティアナリストの判断を要せずに、高度で高品質なセキュリティ監視ができ、クラウド上でシステム稼動させることにより費用・運用負荷の大幅低減も実現する。今後、人工知能(AI)による分析ルール自動生成機能を拡張する予定だ。また現在の対象機器は、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PAシリーズ」、フォーティネットの次世代ファイアウォール「Fortigateシリーズ」となっている。

 ユーザーへの提供は、KDDIデジタルセキュリティとデジタルハーツの2社が行う。両社を通じて3年後に10億円の販売目標を掲げる。

   

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]