編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NECとホートンワークス、ビッグデータ向け高速分析プラットフォームを共同開発

NO BUDGET

2018-10-17 09:51

 NECとHortonworksは10月15日、NECの次世代イノベーションプラットフォーム「SX-Aurora TSUBASA」上で、人工知能(AI)にも利用可能なビッグデータ向け高速分析プラットフォームを共同開発すると発表した。

 SX-Aurora TSUBASAを、Hadoop/Spark領域での代表的なリソース管理/分散アプリケーション管理基盤「YARN」に対応できるようにし、従来のHadoop/、Sparkによるビッグデータ解析プログラムを「SX-Aurora TSUBASA」上で管理可能にする。これにより、「YARN」を利用している一般的なシステム構成では、従来のXeon Gold 6126 1ソケットでの解析を、最大99%少ないサーバリソースで実行できる。

 また、NECのミドルウェア「Frovedis」をSparkに組み込むことにより、SX-Aurora TSUBASA上でのSparkを使用した機械学習アプリケーションが、従来(Xeon Gold 6126 1ソケット)のサーバ比で最大100倍高速に動作できるようになる。これにより、Spark上で機械学習用のライブラリ「MLlib」などを活用したAI・ビッグデータ処理を高速に実行したい利用者に、通常のHadoop/Sparkと同様の管理環境で利用できるプラットフォームを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]