編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows Server 2019」はRTMをスキップしGAに

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-22 12:00

 Microsoftが「Windows」の機能アップデートを「サービス」として提供し始めてから、Windowsクライアントの関係者は「製造工程向けリリース」(RTM)という表現をあまり使わなくなった。特定のビルドを新しい機能リリースとして公開することに決めた場合でも、RTMという表現が使われることはめったにない。「Windows Server」チームもRTMという表現にこだわりはないようだ。実際に、「Windows Server 2019」はMicrosoftが意図的にRTMを飛ばした最初のServerビルドであるとServerチームは認めている。

 筆者は同社がそれを認めたことに気づかなかったが、先頃、複数の読者からそれについて質問を受けた。Redmond Magazineのサイトに米国時間10月3日に投稿されたブログ記事のおかげで、筆者はWindows Server 2019のRTM版をリリースしない決定について説明するMicrosoftのブログ記事を見つけることができた。

 Microsoftは、「Windows Server 2019/Windows Server 1809」を10月2日に一般ユーザー向けにリリースすると宣言した。同日には、「Windows 10 October 2018 Update/Windows 10 1809」も一般向けにリリース(GA)された(その後、1809のインストール後にデータが消失したという顧客からの報告を受けて、MicrosoftはWindows Server 1809とWindows 10 1809の提供を中断した。10月19日午前の時点で、Microsoftはまだそれらをメインストリームユーザー向けに再リリースしていない)。

 Windows Serverのユーザーに対して、MicrosoftはWindows Server 2019/1809を「Volume Licensing Service Center」(VLSC)と「Azure Marketplace」で短時間公開した。Microsoftがそのとき述べたところによると、同社はWindows Server 2019/1809を「Visual Studio Subscription」(以前はMSDNとして知られていた)のほか、「Microsoft Partner Network」(MPN)などのポータルでも10月中に公開することを計画していた。

 10月2日には、Microsoftの関係者が「Storage at Microsoft」に投稿した別のブログ記事で、Windows Server 2019が「Windows Server」で初めてRTMを飛ばして一般向けリリースされたことを明らかにしている。Windows Serverをクラウドに展開する顧客が増えていることなどが理由だという。

 Microsoftは、Windows Server 2019が認定されたサーバにロードされるようになるのは1月中旬になる見通しだと述べている。「Windows Server Software Defined(WSSD)」のリリースイベントをその頃に行う予定だとしている。

 それまでの間、最新の「Storage Spaces Direct」や「Software-Defined Networking」といったWindows Server 2019独自の機能を使おうとするユーザーに対し、MicrosoftはWindows Server 2019の本番環境への導入に関する警告を表示して、追加の手順で設定するよう求めるという。ユーザーは、Windows Serverカタログのコンポーネントを利用して、これらの機能を自身のサーバに構築することも可能だ。

Windows Server
提供:ZDNet

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]