編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

MS、「Windows 10 19H1」の新テストビルドをリリース--新しいライトテーマを導入

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-11-15 11:38

 「Windows」のダークテーマが好きでない人もいる(これが信じがたいことなのは筆者も分かっている)。ライトテーマを好む人のために、Microsoftは最新の「Windows 10 19H1」テストビルドで新しい「Windows Light」テーマを追加した(それ以外に、設定への修正もいくつか施されている)。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 そのWindows 10 Insider Preview Build 18282(19H1)は米国時間11月14日、「Windows Insider Program」の「Fast Ring」登録ユーザー向けにリリースされた。Build 18282では、タスクバーやスタートメニュー、アクションセンター、タッチキーボードなど、全てのシステムUI要素を明るくする新しいライトテーマが追加されている。この新しいライトテーマの一部として、MicrosoftはWindows Lightを強調する新しいデフォルトの壁紙も追加した (上の画像がその壁紙だ)。

 そのほかにも既定のプログラムを設定するときに(「設定」>「アプリ」>「既定のアプリ」)、特定のアプリとファイルの種類の組み合わせに対してWin32プログラムを設定できない問題が一部のユーザーの間で発生していたが、Build 18282には、それを修正するフィックスが含まれる。

 Microsoftは「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」ページで直接「更新の一時停止」を視覚的に目立たせることで、この機能を見つけやすくしている。更新の一時停止は予め定義された期間、または特定の日まで有効化できる。Microsoftはスケジュールが一定でないユーザー向けに、「Active Hours」(アクティブ時間)設定がデバイスの使用状況に応じて自動的に調整される機能も提供している(ユーザーは手動でこの設定を有効にする必要がある)。

 MicrosoftはBuild 18282で、いくつかの新しい印刷オプションや、ユーザーが必要なものを見つけやすくするアイコンも追加している。さらに、要望のあったウィンドウキャプチャのオプションが「切り取りとスケッチ」機能に追加された(ブログ投稿によると、Microsoftは当初、ロールアウトを円滑に進めるために、このウィンドウキャプチャのオプションを50%のWindows Insider Program登録ユーザー向けに有効化しているという)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]