編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows 10 Enterprise」の新機能を試せる企業テスター向けラボ「Olympia V2」

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-11-01 12:14

 Microsoftは2017月に、「Windows 10 Insider」の企業テスターに、搭載予定の法人向け機能の一部を試用してもらおうと、「Windows Insider Lab for Enterprise」を開設した。「Olympia Corp.」として知られるそのラボが一新されているようだ。同社は、Olympia Corp.によってプログラムに参加する法人テスターが増えることを期待している。

 Microsoftは、自社のサイトで次のように説明している。「『Olympia V2』は、Windows Insider Program登録テスターにリリース前の新しい『Windows 10 Enterprise』の機能を試してもらうための新たなステップだ」

 Microsoftは当初、限られた数のWindows Insider Program登録テスターを受け入れて、「Olympia V1」プログラムを試験運用していた。このプログラムに参加したWindows Insider登録者は、テストプログラムでアクティブである限り、Windows 10 Enterpriseや「Office 365」を利用できる。

 Olympia V1では、Microsoftがテスト用の企業環境を設定し、ユーザーにデバイスを登録し、MicrosoftがデプロイしたWindows 10 Enterpriseの機能をテストするためにするよう求めていた。V2では、ユーザーが独自の企業環境を設立して、「Windows Information Protection」「Windows Defender Application Guard」「Advanced Threat Protection」など、リリース前のWindows 10の企業向けの機能を、管理者とクライアントの両方の視点からテストできる。

 Olympia V2では、ユーザーが自分のマシンで稼働可能な「Microsoft 365」のデプロイメントや管理のテスト環境を用意できる。参加者は、「System Center Configuration Manager」のプレビューのほか、Office 365、「Intune」「AutoPilot」、すべてのWindows 10 Enterprise機能を評価試験としてテストできる。

 参加するには、Windows Insider Programのテスターとして登録しておく必要がある。Olympia V2は、ユーザーがダウンロード可能なラボで、「Microsoft Evaluation Center」にある。インストールすると、事前に設定済みの仮想マシンセットが用意されている。参加者は関連するラボガイドも利用できる。機能やポリシーなどのデプロイ方法に関する情報が記載されている。

 詳細はaka.ms/OlympiaV2で確認できる。

Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]