編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

IBMとNVIDIA、AI向けコンバージドストレージシステムで提携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-12-12 11:34

 IBMとNVIDIAは、人工知能ワークロードや「TensorFlow」「PyTorch」「Spark」などのデータ処理ツール向けに設計されたストレージシステムを発売する。

IBM SpectrumAI with NVIDIA DGX

 この「IBM SpectrumAI with NVIDIA DGX」は、IBMのソフトウェア定義ファイルシステム、オールフラッシュストレージ、NVIDIAのGPUシステム「DGX-1」を組み合わせたコンバージドシステムだ。

 最近では、ストレージベンダーが、オールフラッシュストレージを採用した、AIワークロードや機械学習に最適化されたアーキテクチャを持つストレージ製品を提供するケースが増えており、IBM SpectrumAIの発売もそうしたトレンドの一環だと言える。過去には、Pure StorageとNVIDIAが協力して、元々データハブ向けに設計されたアーキテクチャを用いたAI向けのインフラ製品を発売している。ほかにも、データ管理ソリューション市場に主戦場を移しているNetAppとLenovoがパートナーシップを結び、AIシステムを念頭に置いたシステムをリリースした。

 IBMはオープンソースフレームワークや開発者の間で支持されているNVIDIAの力を借りたいと考えているようだ。NVIDIAのDGXは、クラウドやオンプレミスで進められているデータサイエンス関連の取り組みで、基盤となるプラットフォームに採用されていることが多い。

 このシステムには以下のような特徴がある。

  • DGX-1サーバとして機能する。
  • GPUを使用したトレーニングのパフォーマンスの最大化に最適化されたNVIDIAのDGXソフトウェアスタックを使用(RAPIDSフレームワークを含む)。
  • 小さなファイルやメタデータの処理、ランダムIOのパフォーマンスを強化した、AIワークロード向けに設計されたソフトウェア定義ファイルストレージ「IBM Spectrum Scale v5」を採用。
  • 2Uの各ブロックに300TバイトのNVMeオールフラッシュストレージを搭載し、ラック内で最大120Gバイト毎秒のスループットを実現。
  • 大規模データのガバナンスと「IBM Spectrum Scale」および「IBM Cloud Object Storage」の両方をまたがるメタデータタギングに対応するため、「IBM Spectrum Discover」を使用。

 IBM SpectrumAI with NVIDIA DGXは、AIやハイパフォーマンスコンピューティング向けの製品IBM Spectrum Scaleと組み合わせて使用することを前提に設計されており、IBMとNVIDIAの販売代理店を通じて販売される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]