「Microsoft Azure」、「NVIDIA GPU Cloud」でAIやHPCをサポート

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-08-30 12:01

 Microsoftは、NVIDIA製GPUを利用するプロジェクトを対象として、「Microsoft Azure」に新たなレベルのサポートを追加した。ディープラーニングなど高性能コンピューティング(HPC)のワークロードを実行している利用者は、その恩恵を受けられるかもしれない。MicrosoftとNVIDIAは、GPUで加速されたソフトウェアを使えるようにあらかじめ設定されたコンテナを利用すれば、データサイエンティストや開発者、研究者は、HPCのタスクを実行する前にインテグレーションやテストに必要な多くのステップを省略できると宣伝している。

提供:NVIDIA
提供:NVIDIA

 顧客は、ディープラーニングソフトウェア、HPCアプリケーション、HPCビジュアライゼーションツール向けに、GPUで加速された35のコンテナを選択できる。これらのコンテナを利用できるのは、NVIDIA製GPUを搭載した以下のタイプのMicrosoft Azureインスタンスだ。

  • NCv3 (1基または2基または4基のNVIDIA Tesla V100 GPU)
  • NCv2 (1基または2基または4基のNVIDIA Tesla P100 GPU)
  • ND (1基または2基または4基のNVIDIA Tesla P40 GPU)

 NVIDIAが述べているように、これと同じ「NVIDIA GPU Cloud」(NGC)コンテナは、GPUの種類や数が違っても、Azureのあらゆるタイプのインスタンスで利用できる。「Microsoft Azure Marketplace」には、NGCコンテナの稼働に必要なすべてのものを備えた、事前設定済みのAzure仮想マシンのイメージがある。

 Microsoftは米国時間8月29日、「Azureであらゆる規模のHPCクラスタを作成、管理、稼働、最適化するためのツール」である「Azure CycleCloud」の一般提供も開始した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]