編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

AWS、「MongoDB」互換のフルマネージド型DBサービス「Amazon DocumentDB」をローンチ

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2019-01-11 10:44

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間1月9日、既存の「MongoDB」ワークロードをサポートするフルマネージド型のドキュメントデータベースサービス「Amazon DocumentDB(with MongoDB compatibility)」の提供開始を発表した。

 Amazonによると、Amazon DocumentDBのワークロードを実行、管理、拡張するのに現在使用しているものと同じMongoDBアプリケーションのコード、ドライバ、ツールを使用できる。

 Amazon DocumentDBでは、SSDベースのストレージレイヤを採用するとともに、3つの異なるアベイラビリティーゾーンにまたがる6つのレプリケーションが可能になっている。その結果、同データベースはプライマリからレプリカへのフェイルオーバーを30秒以内に行えるうえ、MongoDBのレプリカセットのエミュレーションをサポートしているため、アプリケーションはフェイルオーバーに迅速に対応できる。

 MongoDBのコレクション(リレーショナルデータベースのテーブルに相当する)にはBSONフォーマットで記述されたドキュメントが保存される。

 MongoDBのバージョン3.6と互換性があり、ストレージは10Gバイトから64Tバイトまで10Gバイト単位で拡張できる。

 AWSの説明によると、Amazon DocumentDBはデータベースへの変更のみをストレージレイヤに書き込むことでデータベースのI/Oを削減しており、従来のMongoDBソリューションよりも2倍高いスループットを実現しているという。

 現在、米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の各リージョンで提供されており、価格はウェブページで確認できる。

キャプション

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]