編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
企業買収

アドビ、3Dテクスチャ技術を手がけるAllegorithmicを買収

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-01-24 10:44

  Adobe Systemsは米国時間1月23日、3Dテクスチャ技術を手がけるAllegorithmicを買収したと発表した。Adobeはこの買収により、同社の「Creative Cloud」の動画やモーショングラフィック関連のツールを充実させる計画だ。Allegorithmicの中核製品はテクスチャデザインツール「Substance」であり、サブスクリプションベースのスイートとしてビデオゲームのクリエーターや、VFXアーティスト、グラフィックデザイナーによって広く使用されている。なお、買収の金銭的条件は明らかにされていない。

キャプション

 Adobeは、AllegorithmicのツールをCreative Cloudのさまざまなコンポーネント内で統合し、サブスクリプションベースで提供する計画だとしている。Allegorithmicの最高経営責任者(CEO)で創業者のSebastien Deguy氏は、3Dおよびイマーシブのバイスプレジデントとして責任者の役割を果たし、Adobeの広範な3Dおよびイマーシブデザインの取り組みを強化していく。

 またAdobeはAllegorithmicに関して、製品ロードマップや市場進出計画を加速し、大企業や中小企業、コンシューマーにリーチする計画だと述べている。Allegorithmicは既にゲームや映画、テレビ、Eコマース、自動車、アーキテクチャ、デザイン、広告といった分野でかなりの数の顧客を有している。また、Electronic ArtsやUbisoft、BMW、IKEA、Louis Vuittonなどの大手ブランドなどさまざまな顧客ベースを擁する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]