編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

COBOL廃止とPython追加--IPAが「基本情報技術者試験」を見直し

ZDNet Japan Staff

2019-01-24 14:51

 情報処理推進機構(IPA)は1月24日、国家試験「基本情報技術者試験」の出題を見直すと発表した。2019年秋期以降の試験でCOBOLを廃止し、Pythonを追加するとしている。

 基本情報技術者試験は、ITに関する基本的な知識や技能を評価する国家試験で、ITエンジニアの“登竜門”と位置付けられる。これまでの応募者総数は約882万人、合格者総数は約106万人に上るという。応募者数の約7割が社会人となっている。

 出題の見直しは、(1)午後試験で出題するプログラム言語、(2)午後試験の出題数、解答数、配点等の見直し、(3)午前試験での数学に関する出題比率の見直し――になる。

 (1)では、COBOLが教育機関などにおける指導言語としての利用減少や試験における受験者の選択率の極端な低下を背景に、2019年の秋期試験で出題を廃止する。一方、適用範囲の拡大と利用の増加、機械学習やディープラーニングなどの主要なオープンソースソフトウェアでの採用などを背景に、2020年の春期試験からPythonを追加する。

 (2)では、2020年の春期試験から選択問題を構成する分野を統合し、出題数と解答数を現在の13問出題・7問解答から、11問出題・5問解答に変更する。プログラミング能力などを重視して配点を変更するという。(3)では、2019年の秋期試験から線形代数、確率・統計など、数学に関する出題比率を高める。理数能力を重視していくためとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]