ベトナムにおけるビジネスと法規制の最新情報--IIJが説明

渡邉利和 2019年01月29日 10時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月28日、ベトナム向けクラウドサービス「FPT HI GIO CLOUD」で、従来のホーチミン市に加えて新たにハノイ市に拠点を開設したことを発表した。IIJのベトナムでの事業は同国のFPTテレコムと共同展開しており、FPTテレコムがハノイに保有するデータセンターにホーチミンと同様のクラウド基盤を構築し、同様のサービスを提供するもの。同時に、クラウドのデータを自動でバックアップするオプションをストレージメニューに追加し、ホーチミン/ハノイ間での自動バックアップを実現した。

 この発表に併せて開催された記者会見では、弁護士法人One Asiaの小出将夫氏による「ベトナムサイバーセキュリティ法の概要」に関する説明も行われた。

 ベトナムのサイバーセキュリティ法は1月1日に施行された。小出氏は、「一定の情報の国内保存義務等を新たに規定」したと解説。いわゆる「データローカライゼーション(DL)」の流れに沿った内容となっている。DLに関しては「法的に明確な定義はまだ存在しない」(小出氏)というものの、「企業などが自国の領域内で事業を行うための条件として、その領域内においてコンピュータ関連設備を利用または設置するなどの方法で、その領域内でデータの管理や処理が行われるよう規制すること」だと説明した。

弁護士法人One Asiaの小出将夫弁護士
弁護士法人One Asiaの小出将夫弁護士

 ベトナムの場合、規制対象となるのは「個人情報などを収集、利用、分析または処理する企業」「ベトナムにおける通信網、インターネット網またはサイバー空間上で付加サービスを提供する国内外の企業」とされ、日本の製造業の生産拠点などに関しては特に心配する必要はないようだ。法律自体は施行になったとはいえ、実際の規制開始時期に関しては経過措置が設けられると見られており、細則が明らかになっていないことから、具体的に何が違反となるのかもよく分からないという曖昧な状況だという。

 一方でこの法律の成立の背景には、「反政府的なコメントを容認して削除要請に応じなかった」ということに関して同国政府とFacebookの間で数年にわたる対立があったと言われ、言論統制的な意味合いを含むものとの見方が一般的なようだ。規制内容としても、政府からの要請があった場合にアカウント情報などを国家公安当局に提供する義務を課すという狙いを踏まえて国内でデータ保存する義務を課していると言われている。その一方、欧州の「一般データ保護規則(GDPR)」のような国外へのデータ持ち出し禁止まで含まれるかどうかが明確ではないなど、現時点で不明点が多く、対応方針も明確化できないようだ。

 ただ、こうした法規制が行われたことにより、ベトナムでは国内のクラウドサービスを利用してデータを国内にとどめるという動きが顕在化しているとのこと。今回のIIJのハノイサイト開設もその対応の一環と位置付けられる。なお、IIJ Global Solutions VietnamでGeneral Managerを務める松本涼氏は、ベトナムでのクラウドサービスについて「ユーザー企業のうち日系企業の割合は10%でベトナム企業の利用が先行している」と明かした。同時に2018年12月時点での成長率は前年同期比でサービス月額売上が5倍、契約数が2.5倍という高水準となっているという。

IIJ Global Solutions Vietnam 松本涼General Manager
IIJ Global Solutions Vietnam 松本涼General Manager

 DLに関しては、ベトナムのような強制的な法規制に基づくものではないとは言え、日本でも金融機関などを中心に「コンプライアンス上データを国外に出せない」という意識が強く、その結果、海外クラウドサービスの国内データセンター開設が相次いで行われてきたという経緯があることを見ても、今後同様の動きが各国で強まるだろうと予測される。国内にデータセンターを設置できるかどうかはその国の経済規模にも依存する話ではあるが、ある程度の規模の経済ブロックごとにそれぞれデータを囲い込むような方向性になっていくことが予想される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]