編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

OTとITの融合へ本格的に取り組む--日本ヒューレット・パッカードが新製品群

渡邉利和

2019-02-12 10:03

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2月8日、IoT/エッジコンピューティング向けのソリューション製品となる「HPE Edgeline EL300 Converged Edge Systems(EL300)」「HPE Edgeline OT Link Platform Software」「HPE Edgeline Integrated System Manager(iSM)/HPE Edgeline Infrastructure Manager(EIM)」を発表した。提供開時期と価格は、EL300が同日に提供を開始し、47万7000円からで、iSMも同日から提供し、無償ライセンスがEL300に含まれるほか、有償ライセンスでも提供し、8万3000円からとなる。EIMは3月に無償提供および有償販売を開始する予定。OT Link Platform Softwareは5月に販売を開始する予定となる。

「HPE Edgeline」製品群
「HPE Edgeline」製品群

 EL300は、「IoT/エッジコンピューティング専用コンピュータ」と位置付けるハードウェア製品で、ファンレスながら氷点下30度から摂氏70度の広範な温度範囲での動作を実現する。と同時に、最大32GBメモリ/3TB SSDサポートなど、サーバとしての処理能力も高い水準にある。なお、プロセッサはIntel Core i5/i7およびAtomから選択可能。ITとOT(オペレーショナルテクノロジ:制御系システム)の融合を意図しており、OT分野でよく使われるインターフェースであるTSN、CAN、Serial、GPIOなどを搭載できる。

HPE Edgeline EL300 Converged Edge System
HPE Edgeline EL300 Converged Edge System

 OT Link Platform Softwareは、OT分野で利用されるさまざまなデバイスとプロトコルをサポートするソフトウェアで、IoTで利用される主要プロトコルや、IT/クラウド側でのAmazon Web Services(AWS)、Google、Microsoft Azure、PTC、SAP、SASなどもサポートする。

 概要を説明した執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏は、同社の「エッジ戦略」について述べ、今回の発表製品の位置付けを明確にした。同氏は「今後作られていくデータの7割はエッジで生まれる」という予測を紹介し、「ITシステムやクラウドに既にあるデータと、今後エッジで生まれてくる新しいデータをいかに有効活用していくかが重要になっていく」という認識を示した。

日本ヒューレット・パッカード 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏
日本ヒューレット・パッカード 執行役員 ハイブリッドIT事業統括の五十嵐毅氏

 続いて、同社のエッジへの取り組み詳細について、米Hewlett-Packard EnterpriseでConverged Servers Edge & IoT Systemsを担当するバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのTom Bradicich氏が説明した。同氏は「単なる新製品の発表ではなく、“Converged Edge Systems”という新しい製品カテゴリーの発表」と強調した上で、これらの製品を持ってHPEが新たにOT市場に参入することがニュースだと語った。

Hewlett-Packard Enterprise Converged Servers Edge & IoT Systems担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのTom Bradicich氏
Hewlett-Packard Enterprise Converged Servers Edge & IoT Systems担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのTom Bradicich氏

 五十嵐氏が紹介したこれまでの経緯では、まず2016年6月に開催したカンファレンス「Discover 2016」で全く新しい製品カテゴリーとして「Converged Edge Systems」が発表され、Edgeline製品群の販売がスタートしている。このため少々分かりにくいが、ハードウェアレベルでのITとOTの融合という意味では、既存製品である「Edgeline EL1000/4000」でも実現されていたが、今回発表されたHPE Edgeline OT Link Platform Softwareなどのソフトウェア環境の拡充によって、本来の意味でのOTとITの融合が実現できる環境が整ったというのが、真意であるようだ。

 一方、競合他社などから既に「Industrial PC」といった形でOT分野での利用を想定したPCなどが製品化されている。だが、これらは基本的にPCであるのに対して、EL300ではMicrosoftやRed Hat、VMware、Oracle、SAPなどのエンタープライズソフトウェアベンダー各社の認定基準を満たした“エンタープライズサーバ”クラスのハードウェアであるという点が違いとして強調された。

「HPE Edgeline」のソリューションコンセプトイメージ(出典:HPE)
「HPE Edgeline」のソリューションコンセプトイメージ(出典:HPE)

 いずれにしても、従来はベンダーやシステムごとに分断された環境が一般的だったOT分野に、IT流の標準プラットフォームを実現すべく投入された意欲的な製品であることは間違いない。同時に、OTとITの融合は、国内でも主にOT分野のベンダー各社が積極的な取り組みを開始しており、2018年頃から話題に上ることが増えてきているホットな分野でもある。今後の主導権争いが激化していくことが予想される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]