編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

エッジコンピューティングの今を知る(前編)--次なるIT変革の潮流

Charles McLellan (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-12-10 06:30

 数十億台規模のIoTデバイスと5Gネットワークが組み合わせられるようになった結果、コンピューティングワークロードの配備方法に大きな変革が訪れようとしている。


提供:metamorworks, Getty Images/iStockphoto

 ここ数年、コンピューティングのワークロードがシフトし続けてきている。最初のシフトは、オンプレミスのデータセンターからクラウドに向けたものであり、今起きているシフトは、クラウドのデータセンターから、処理対象のデータソース近傍にある「エッジロケーション」に向けたものだ。その目的は、データの移送距離を短くして帯域幅とレイテンシの問題を低減することで、アプリやサービスのパフォーマンスや信頼性を向上させるとともに、運用コストを引き下げるというところにある。

 これによってオンプレミスのデータセンターやクラウドセンターが消滅してしまうわけではない。一部のデータは今後も、中央で一括して保管、処理される必要がある。とは言うものの、デジタルインフラは確かに変化してきている。Gartnerの予測でも、2025年までに80%の企業が従来型のデータセンターを閉鎖するとなっている。ちなみにこの割合は2018年には10%だった。同社は、業務上のさまざまなニーズによって左右されるワークロードの配置は、このようなインフラの進化において大きな役割を果たしていると述べている。

 業務要件に端を発する最近のITイニシアティブにより、しばしば従来のIT予算の枠を超えた、IoTソリューションや、エッジコンピュート環境、「非従来型のIT」の実装が急速に伸びてきている。また、対外的なアプリケーションの顧客エクスペリエンスと、貧弱な顧客エクスペリエンスが企業の評判にもたらす直接的な影響に対する取り組みにも力が入ってきている。多くの企業はこういった取り組みに注力する結果、ある種のアプリケーションの配置を、ネットワークレイテンシや、顧客密集度、地理的制約(例えば欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)のような規制)に基づいて再考するようになっている。

 エッジコンピューティングにまつわる難題も存在している。特にコネクティビティまわりで発生し得る、ネットワークエッジにおける通信の中断や、低帯域幅および/あるいは高いレイテンシに関する懸念が存在している。膨大な数のスマートエッジデバイス上でソフトウェア(例えば機械学習(ML)アプリ)が稼働しており、中央のクラウドサーバや、中間層である「フォグ」(霧)に配置されたノードと通信する必要があるという場合、このようなコネクティビティは問題となる可能性がある。しかし、この問題に対するソリューションが考えられている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]