編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
IBM Think

中身が分かれば信用につながる--IBMが示したAI導入の勘所 - (page 2)

末岡洋子 藤本和彦 (編集部)

2019-02-15 09:30

中身を知ることが信用につながる

 “AIとコントロール”という手法を構築して、AIを利用したいが不安もあるという顧客の声に対応しているのがKPMGだ。同社でディレクターを務めるKelly Combs氏によると、この手法はデータの完全性、相互運用性、説明性、公正性と4つの要素を持つ。ここで活躍するのがOpenScaleだ。

 「どのデータを使ったのか、何を基準に判断したのかなどをたどることができるため、AIがどのように行動しているのか、例えば、なぜクレジットカードの審査に落ちたのか、などが分かる」とCombs氏。顧客の戸惑いを克服するために大きく貢献しているという。「AIはブラックボックスではないことを理解してもらうために、中身を知ることが大切。そうすると信用につながる」

 IBMは、これら製品側での強化に加えて、認定制度やトレーニングの導入も約束している。AIを使いやすくすると同時に、知識のある人の育成も進めていくという方針だ。

IBM Data and AI担当ゼネラルマネージャーのRob Thomas氏
IBM Data and AI担当ゼネラルマネージャーのRob Thomas氏

製品への落とし込みが重要

 技術研究の側面では、IBM Researchでディレクターを務めるDario Gil氏が、“AIのためのAI(AI for AI)”とする最新技術「AutoAI」のデモを披露した。

併せて読みたい関連記事

IBMのロメッティ氏が語るデジタル改革の“第2章”
IBMのロメッティ氏が語るデジタル改革の“第2章”

 例えば、マーケティング施策を展開するに当たって、その反応を予測するモデルの構築を自動化する。ウィザード形式でモデルの構築を進め、その過程でシステムがデータセットの選択を提案してくれる。「既に作成したデータセットから自動で最適なものを選択できる。これは重要なメリットになる。スキルレベルが異なる人でも高い精度に到達できる」(Gil氏)

 AI分野では2018年に約1600件の特許を取得するなど、技術リーダーとして研究開発を積極的に進めていることも明かした。その方向性としては、「コアAIの境界線を広げている。同時に、主要なイノベーションに信頼のレイヤを加えること、そして技術がスケールするようにすることも重要だ」(同氏)という。AutoAIは現在、ベータ版の事前登録が可能になっている。

 Krishna氏は、単に技術革新を進めるだけではなく、顧客企業のニーズを満たせるよう、AIをどのように製品に落とし込んでいくかが重要だと語った。現在、Watsonは20の業界、80カ国で顧客を持ち、事例は1000件単位に及ぶ。「コグニティブとAIソフトウェアでは最大の市場シェアを誇る」とThomas氏は胸を張った。

(取材協力:日本IBM)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]