データベース移行で問題になるSQLの検出と修正--インサイトテクノロジーが新製品

國谷武史 (編集部) 2019年04月10日 18時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 インサイトテクノロジーは4月10日、データベース移行などの際に問題になるSQLの検出と修正を行えるソフトウェア新製品「Insight Database Testing」を発表した。SQLの書き換え作業などに要するコストを削減するという。

 新製品は、移行元のデータベース(ソースDB)を使用するアプリケーションが使用しているSQLを自動的に収集し、収集したSQLが移行先のデータベース(ターゲットDB)で使用可能かどうかをテストしたり、移行前後でのパフォーマンスを比較したりできる。検出された使用できないSQLを移行先で使用できるように手作業で修正したり、あるいは外部の変換ツールを使って修正したりもできる。

「Insight Database Testing」で検出、調査したSQLの状況レポートのデモ
「Insight Database Testing」で検出、調査したSQLの状況レポートのデモ

 対応するソースDBは、Oracle Database 10g以上、PostgreSQL 9.3以上(EnterpriseDB:EDB Postgres Advanced Server、Fujitsu Enterprise Postgres、Fujitsu Symfoware Serverなどの互換製品を含む)、Microsoft SQL Server 2005以上、MySQL 5.5/5.7。同ターゲットDBは、Oracle Database 11g R2/12c/12c R2、PostgreSQL9.3以上(互換製品を含む)で、Microsoft SQL ServerとMySQLにも対応する予定。ベンダーが異なるデータベースの移行や、オンプレミスからクラウドへの移行といった際に利用できる。

 記者会見した取締役兼CTO(最高技術者)の石川雅也氏によると、かつてのデータベース移行は同一ベンダーのバージョンアップ対応ばかりだったが、2016年ごろからベンダーの乗り換え、オンプレミスからクラウドへの移行といったケースが急増している。データベース移行で問題となるのは、データベース技術者の不足、アプリケーション開発時に作成したドキュメントの喪失などに加え、昨今では動的に生成されるSQLを抽出できないことにより、移行先環境に即したSQLの変換に膨大な工数とコストが発生するばかりか、そもそもそれらの見積り自体が困難という状況に陥っている。

インサイトテクノロジーが手掛けるデータベースの移行パターン。赤い矢印で示すパターンが特に多いという
インサイトテクノロジーが手掛けるデータベースの移行パターン。赤い矢印で示すパターンが特に多いという

 同社は、1995年の創業時から強みとするデータベースのチューニングや鑑査対応などの技術とノウハウに加え、近年ではデータベースアプライアンスや人工知能(AI)による異常検知、予測といったソリューションも展開する。そうした中で主軸のデータベース領域では、移行の支援やコンサルティングのサービスを提供しているが、依頼案件の急増やSQL変換作業の負荷に対応し切れなくなってきたという。

「Insight Database Testing」の利用イメージ
「Insight Database Testing」の利用イメージ

 新製品は、データベース監査ツール「PISO」の機能を要素技術として用いることで、本番稼働中のデータベースにほとんど影響を与えることなく、上述の機能を実行できるとしている。具体的な利用イメージは、オンプレミスのデータベースをAmazon Web Services(AWS)のリレーショナルデータベース「Amazon Aurora」へ移行する場合に、AWSが無償提供する「AWS Schema Conversion Tool」や「AWS Database Migration Service」でスキーマとデータを移行させ、Insight Database Testingで問題となるSQLの検出、修正、テストを行うというものだ。

「Insight Database Testing」で検出された問題のあるSQLをファイルとしてAWSのツールに取り込み修正することもできる
「Insight Database Testing」で検出された問題のあるSQLをファイルとしてAWSのツールに取り込み修正することもできる

 価格は、使用期間単位に応じた移行元データベースのCPUコア数当たりのサブスクリプションとなり、3カ月使用の場合は1コア当たり20万円から。例えば、8コア・2ノード(16コア)で稼働するOracle Database(RACの場合)からの移行で3カ月利用する場合は320万円になるという。

 今後の開発では、移行先データベースでSQLの実行結果の整合性をチェックする機能やSaaS対応、Attunityのデータ統合機能と連携したデータ移行支援策などを計画。石川氏は、最終的に「異なるデータベースの移行を全て自動化できるようにしたい」と話している。

 なお、同社では、2018年8月に最初の日本オラクル代表やサンブリッジの創業者として知られるアレン・マイナー氏が代表取締役社長兼CEOに就任した。会見でマイナー氏は、「インサイトテクノロジーは日本オラクル時代から関わりの深い会社だ。現在の企業はデータからのインサイト(洞察)の獲得を重視しており、(インサイトテクノロジーの)会社名にも先見の明がある。こうした思いを背景に、われわれはインサイトを導く専門集団として顧客に尽力していきたい」と表明した。

インサイトテクノロジー 代表取締役社長兼CEOのアレン・マイナー氏。初代の日本オラクル代表として20年以上前から同社とのつながりがある
インサイトテクノロジー 代表取締役社長兼CEOのアレン・マイナー氏。初代の日本オラクル代表として20年以上前から同社とのつながりがある

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]