編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IaaS「ニフクラ」に不正侵入検知とVPN接続サービスが追加

藤代格 (編集部)

2019-04-12 07:15

 IaaS「ニフクラ」に、企業システムへの不正侵入を検知する「IDSサービス」と、クライアント環境からVPN接続できる「リモートアクセスVPNゲートウェイ」サービスを追加した。4月10日から提供し、セキュリティと利便性を強化するという。同日、ニフクラを提供する富士通クラウドテクノロジーズ(旧ニフティ、中央区)が発表した。

 IDS(Intrusion Detection System:不正侵入検知システム)サービスは、インターネット通信回線上を流れるパケットを監視、検知した際に管理者に通報するサービス。不正アクセスでよく用いられる手段をパターン化し実際のパケットと比較する、ミラーリング型の監視となるという。

 通信情報を変換する必要がないため、導入に伴うネットワーク上の設定変更は不要。誤検知の場合でも自動での接続遮断せず、継続性が求められるシステムに適しているとしている。

 独自の監視ルールなど個別カスタマイズ可能で、サービスの運用はパートナー企業のセコムトラストシステムズ(渋谷区)が担当する。

 リモートアクセスVPNゲートウェイサービスでは、ニフクラとVPN接続できるソフトウェアをクライアント環境に導入。アクセス経路を秘匿化し、安全なリモートアクセス環境を提供するという。

 閉域網の敷設や機器の設置は不要。導入負荷を軽減し、迅速かつ容易なセキュリティ対策ができるとしている。自宅や外出先などオフィス以外の場所でニフクラ環境での開発、メンテナンスができるという。

 IDSサービスの提供価格は、税別月額基本利用料金が1IDあたり15万円、監視対象料金が1IPあたり1万5000円。Windows用とLinux用の標準な検知基準となるデフォルトポリシーでの検知となる。顧客のサーバー構成に応じてポリシーをチューニングするカスタムポリシーはオプションとして提供。1回あたりの導入作業料金が58万円、1IDあたりの月額利用料金は7万5000円。

 9800円の月額プラン、1時間18円の従量プランから選択できるリモートアクセスVPNゲートウェイは、同時接続数50クライアントまで。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]