電子黒板「BIG PAD」スタンダードモデルに4K搭載--PCレスでも活用可能 - (page 2)

藤代格 (編集部)

2019-04-15 11:00

 2点目はPCを接続しなくても活用できるという内蔵ソフトウェアだ。起動すれば自動的に「IWBランチャー」を表示し、並んだアイコンにタッチするだけで使いたい機能へアクセスできるという。

 内蔵のホワイトボード機能「Direct Drawing」のほか、USBメモリーやmicroSDカードの動画や静止画を活用する「ギャラリー」などをPCなしで活用可能。ウェブ会議サービス「TeleOffice」とも連携可能で、映像や音声、資料などを共有できるとしている。

IWBランチャーはスマートフォンのホーム画面のようなイメージ。写真はPN-L751H
IWBランチャーはスマートフォンのホーム画面のようなイメージ。写真はPN-L751H

 Wi-Fiを活用したディスプレイ伝送技術「Miracast」にも対応。WindowsやAndroid端末などの画面は無線で表示できるとしている。

 3点目には、柔軟になった設置スタイルを強調。横置きや縦置きに加え、放熱という観点から実現しなかった上向き斜めなどにも対応できるという。設計や建築、災害対策など図面や地図を活用するディスカッションなどへの活用方法、図書館など教育分野、商業施設などへの設置方法を拡大している。

斜めでも活用できる(出典:シャープ)
斜めでも活用できる(出典:シャープ)

 電子黒板市場は、世界、国内いずれも堅調な傾向にあるという。2018年から2019年の伸び率を台数ベースで見ると、世界では108%、国内では117%伸長。2022年までの堅調な伸びが予測されているという。

 中でも、詳細な部分まで表示可能な4Kモデルの割合が増加。世界に比べて緩やかな伸び率となっている国内でも、1年で約2倍伸長しているという。

世界的に4Kが増加(出典:シャープ)
世界的に4Kが増加(出典:シャープ)

 調査会社によると、電子黒板市場の国内でのシャープのシェアは6割弱。今回の3モデルは他社に先駆けたスタンダードモデルの投入で、ハイエンドモデルとあわせて65型以上の4Kモデルのラインアップが揃った。価格はオープンだが、想定価格は「PN-L651H」が50万円弱、「PN-L751H」が68万円前後、「PN-L851H」が130万円前後と、旧モデルと同程度に抑える。使い勝手も備えたシャープの4Kモデルを一気に浸透させる考えだ。

BIG PADのラインアップ(出典:シャープ)
BIG PADのラインアップ(出典:シャープ)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]