編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

電子黒板「BIG PAD」スタンダードモデルに4K搭載--PCレスでも活用可能

藤代格 (編集部)

2019-04-15 11:00

 シャープは4月15日、電子黒板「BIG PAD」の新版を発表した。65型ディスプレイの「PN-L651H」、75型の「PN-L751H」、85型の「PN-L851H」の3機種で、いずれもスタンダードモデルに高精細4K液晶パネルを搭載する。従来モデルと比べてより多くの情報が表示できるという。5月上旬から順次発売する。

(左から)PN-L751H、PN-L851H、PN-L651H(出典:シャープ)
(左から)PN-L751H、PN-L851H、PN-L651H(出典:シャープ)

 質感や素材感を詳細に表現し、ExcelのグラフやPowerPointの場合は細かい部分までくっきり表示。従来のフルHD(2K)モデルと比較すると、縦横それぞれ2倍、面積としては4倍の解像度が表現できるという。CAD図面や設計の打ち合わせなど、専門性が高い分野でも活用できるとしている。

村松氏
村松氏

 シャープのビジネスソリューション事業本部 ビジュアルソリューション事業部 商品企画部で部長を務める村松佳浩氏は、「電子黒板は使う人との距離が近いため、より高精細、多くの情報が確認できる4Kモデルの評価が高い」と、既存モデル「PN-L805H」「PN-L705H」などの4Kハイエンドモデルで寄せられる声などを説明。4Kが必要とされる市場の大きさを分析する。

 新機種には4K搭載のほか、3つの特長があるという。1点目はタッチパネル、タッチペンなどの機能改善。通常、人はディスプレイに触れたときをタッチと認識するが、機器側は画面を囲むベゼル部分から出る赤外線の遮断を検知するため、ギャップが発生してしまうという。

 新たにInGlass方式のタッチパネルを採用し、検知部分を従来製品の約5分の1に縮小。より画面に近い部分でタッチを感知でき、快適に操作できるとしている。

赤外線を発するベゼル部分を5分の1縮小(出典:シャープ)
赤外線を発するベゼル部分を5分の1縮小(出典:シャープ)
65型と75型には1本、85型には2本が付属
65型と75型には1本、85型には2本が付属

 付属のタッチペンも一新。タッチパネル方式の変更で、太さ2mmのペン先も搭載している。従来の太さとなる4mmのペン先は逆側に配置。2種類のペン先は自動で判別され、細かい文字やマーカー、消しゴムなど使い分けできるという。

 また、「Windows 10」でデジタイザーペンを活用するような使い方も可能。PowerPointやExcelへの手書き入力、Windows 10に標準搭載される「マップ」での引いた線にあわせた経路検索などができるとしている。

Windows 10の各アプリケーションに活用できるという(出典:シャープ)
Windows 10の各アプリケーションに活用できるという(出典:シャープ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]