編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Dell EMC、CI/HCIは「データセンターをモダナイズする最良の方法」の意味 - (page 2)

阿久津良和

2019-04-16 07:15

 VxRailはvSphereにカーネルレベルで組み込まれているストレージ仮想化基盤ソフトウェア「VMware vSAN」が中核。仮想化環境全体を管理する「VMware vRealize Operations」、vSANとvRealize Operationsの管理パック、ITタスクの自動化を簡素化できる「VMware vRealize Orchestrator」、さまざまな環境のログをリアルタイムに管理できる「VMware vRealize Log Insight」が組み込まれている。

 現在提供されるVxRailは最新のvSphere 6.7 Update 1とvSAN 6.7 Update 1が搭載される「VxRail 4.7」。vSANはエディションが選択可能になったことで、企業はライセンスコストを最適化できると説明する。

 Dell EMCはvSphereやvSAN、ネットワーク仮想化基盤ソフトウェア「VMware NSX」を統合した「VMware Cloud Foundation」をベースにデータセンター全体をソフトウェアで制御する“Software-Defined Data Center(SDDC)”を目指しているが、このSDDCの管理性をエッジまで拡大する「Project Dimension」を組み合わせたIoT管理も視野に入れているという。

VxRailラインアップ
VxRailラインアップ

 VxRailの特徴として高橋氏は「他社製HCIはストレージVM(コントロールVM)が入るので、一定のリソースを消費する。だが、vSANを利用するVxRailはカーネルに含まれるため、ハードウェアリソースをVMが使用できる」とアピール。ストレージVMを経由する場合、データパスはリードとライトの往復で6パスとなるが、VxRailは往復4パスで済むため、同社の説明によれば、CPUで2倍、メモリーで3倍の効率性を得られるという。

 サーバーやSANスイッチ、ストレージの3層で構成されるシステム(3ティア)とVxRailを導入期間で比較して「250日間かかる3ティアに対してVxRailは120日間で済む。VMware環境のインストール作業も1時間程度で完了し、すぐにHCI環境を構築できる」(高橋氏)とアピールした。

 また、VxRailのメリットとして、サポート窓口を1つに絞り込んだ統合的なベンダーサポートがあると説明。vSANやvSANに関連した障害が発生した時にはDell EMC内に常駐するヴイエムウェアのエンジニアが対応する。

EMCジャパン モダンデータセンター事業本部 プロダクトアーキテクト アドバイザリ システム エンジニア 中村雅史氏
EMCジャパン モダンデータセンター事業本部 プロダクトアーキテクト アドバイザリ システム エンジニア 中村雅史氏

SDSソフト「VxFlex OS」は何がメリットか

 Dell EMCはラック単位で拡張できるHCI「VxRack Flex」も提供している。VxRack Flexはスケールアウトできるブロックストレージ「VxFlex OS」(旧Scale IO)がベース。EMCジャパン モダンデータセンター事業本部 プロダクトアーキテクト アドバイザリシステムエンジニア 中村雅史氏はVxFlex OSについて「外付けSANやハイパーコンバージドなど柔軟化構成が可能」とアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]