クラウド時代のHCI--マイクロソフトが「Azure Stack HCI」戦略を発表

阿久津良和 2019年04月22日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 日本マイクロソフトは4月19日、Microsoft Azureのオンプレミス運用を想定した「Azure Stack」のハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)版となる「Azure Stack HCI」に関する説明会を開催した。Azure Stack HCIは米国時間3月26日に発表され、Azure Stackファミリーに連なる存在だが、Windows Server 2016シリーズでHCIを実現する「Windows Server Software Defined(WSSD)」をリブランディングした形となる。

 Azure Stack HCIの購入方法などはWSSDプログラムと相違なく、各HCIベンダーも既に、提供に名乗りを上げている。富士通はAzure Stack HCIの検証を終え、次期リリースのサーバーで対応する予定のほか、Dell EMCは4月1日、日立製作所は3月28日、日本ヒューレット・パッカードは4月4日にそれぞれリリース済み。今後はレノボ・ジャパンが5月上旬に、NECが6月上旬に対応製品のリリースを予定している。

 多くの企業は、マルチクラウド時代におけるビッグデータの活用やコスト最適化など、多くの課題を抱えている。Microsoftなどが2017年に実施した調査によれば、ハイブリッドクラウド戦略を持つ企業の割合は84%(前年度比29%増)で、近い将来にハイブリッドクラウドの運用を予定している企業の割合は91%、オンプレミスのデータセンターとパブリッククラウドとの統合を計画している組織の割合は87%という状況だ。

 今後のビジネスシーンにおいて洞察を得るためにも膨大なデータが必要になる。例えば、自動運転車からは1日当たり5TBものデータを収集可能だが、あくまでも車両1台の話だ。これが何千、何万台も街中を走行する未来を鑑みれば、「現場で生まれるデータを全てクラウドに上げるのはナンセンス」(日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズ本部長の浅野智氏)。浅野氏は、「『クラウドコンピューティング×データによる革新的なスピードとアジリティ』を実現するためのハイブリッド(クラウド環境)が必要」と述べ、オンプレミス型クラウドの重要性を強調した。

日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズ本部長の浅野智氏
日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズ本部長の浅野智氏

 そのため各クラウドベンダーは、自社クラウドのオンプレミス版を展開している。例えば、MicrosoftならAzure Stack、Amazon Web Services(AWS)なら「AWS Outposts(現在はプレビュー版)」、Googleは「GKE On-Prem(現在はアルファ版)}を用意する。各ベンダーは、秘匿性の高いデータの処理や、前述したエッジ側でのデータ処理といったオンプレミスへの需要がグローバルレベルで今後も一定して継続すると見ているようだ。浅野氏は、「クラウドと同じ体験ができるオンプレミスとクラウドを行き来できる。Microsoft AzureとAzure Stackは、大きなクラウド戦略の上に成り立っている」と、競合他社との違いを強調した。

各クラウドベンダーにおけるオンプレミス版の機能比較(出典:日本マイクロソフト)
各クラウドベンダーにおけるオンプレミス版の機能比較(出典:日本マイクロソフト)

 クラウド&エンタープライズビジネス本部 プロダクトマネージャーの佐藤壮一氏は、Azure Stack HCIについて、「IaaSやPaaSなどの上物を取り除いた状態」と端的に説明する。Azure Stackで用いるハードウェアや、HCIが供えるコンピューティング、ストレージ、ネットワークなど類似点が多いAzure Stack HCIは、OSに「Windows Server 2019 Datacenter Edition」を採用する。同OSは、前バージョンの「Windows Server 2016」の時点で記憶域スペースダイレクトなどHCIでの利用を想定した機能を備え、台数無制限の仮想マシンやコンテナの利用も想定しているため、「よりエッジに近く小さな需要に適合するソリューション」(佐藤氏)となり得る。

 また、先日にIntelが発表したPersistent Memory(永続性メモリー)など最新ハードウェアにも対応し、IntelおよびMicrosoftが2018年9月ごろに共同検証した結果、1379万8674IOPS(1秒当たりに処理可能なI/Oアクセス数)という数値を叩き出した。佐藤氏は、Azure Stack HCIの想定用途にレガシーアプリケーションや仮想マシン、金融系のメインフレームと連携する環境など、「全てをパブリッククラウドに移行させるのが難しいシステム」を挙げた。

日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 プロダクトマネージャーの佐藤壮一氏
日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 プロダクトマネージャーの佐藤壮一氏

 佐藤氏は、「Windows Server 2008 R2のEoS(サポート終了)や老朽化したハードウェアのリプレース先、サーバーインフラストラクチャーの統合、オンプレとクラウドの両者を使いつつ、オンプレミス側にも効率性を求める」場面においてAzure Stack HCIが役立つと説明する。

 その他のメリットとして他社製HCIは、OSライセンスにHCI技術が組み込まれているため、HCIソフトウェアライセンスや仮想化技術ライセンスが不要になる。「ホストとなるWindows Server 2019 Datacenter EditionにHyper-V仮想マシンのライセンスも含んでいる」(佐藤氏)ため、コスト削減にもつながるという。現在Windows Serverを利用する企業なら検討すべき選択肢になり得るだろう。

 また、Microsoft Azureとの連携や新たな管理ツールとなる「Windows Admin Center(WAC)」もアピールした。Azure側からバックアップを管理、実行するAzure Backupや、災害管理のAzure Site Recovery、Windows Serverの更新管理に用いるAzure Automationもそのまま使用できる。佐藤氏は、「WACをハブに(Azureとの)連携を継続的に強化する」と説明する。

日本マイクロソフトは他社製HCIよりもAzure Stack HCIはコスト削減に役立つと主張する(出典:日本マイクロソフト)
日本マイクロソフトは他社製HCIよりもAzure Stack HCIはコスト削減に役立つと主張する(出典:日本マイクロソフト)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]