編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフトが「Azure Stack HCI」を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-27 11:26

 米国時間3月26日、Microsoftはハイパーコンバージドインフラで仮想化アプリケーションを実行できる製品「Azure Stack HCI」を発表した

 同社は、Azure Stack HCIは「これまでわが社のハードウェアパートナーから提供されていた『Windows Server Software-Defined』(WSSD)ソリューションが発展したものだ」と述べている。「Azure Stack」ファミリーの製品になったのは、Azureに接続できるようになったためだ。

 Microsoftは2017年にハイブリッドコンピューティングプラットフォーム「Azure Stack」をリリースした。Azure Stackは、顧客やパートナーが、OEM企業が提供する、Microsoftの認証を受けたオンプレミスのサーバ上でAzureのサービスを実行できるようにするものだ。Azure Stack HCIソリューションを利用すれば、古いサーバの更新や整理統合を行いながら、オンプレミスで仮想化アプリケーションを実行することができる。顧客が望むのであれば、Azure StackとAzure Stack HCIの両方からAzureのパブリッククラウドに接続することもできる。

 Azure Stack HCIが提供するコンピューティングやストレージ、ネットワーキングの技術はAzure Stackのものと同じだ。「Windows Admin Center」では、Azure Stack HCIとAzureのサービスを統一的に扱える。

 Microsoftは今回の発表と同時に、15社のパートナーから提供される70種類以上のAzure Stack HCIソリューション製品のリストを公開している。

 Azure Stack HCIソリューションを利用するには、「Windows Server 2019 Datacenter Edition」とWindows Admin Centerが必要だ。Microsoftによれば、Azure Stack HCIからAzure Stackにアップグレードすることはできないが、Azure Stack HCI上のワークロードをAzure StackやAzureに移行することは可能だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]