編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
Gartner Summit

2020年以降、AIで生まれる雇用は失う雇用を上回る--ガートナーのテイ氏

日川佳三

2019-05-13 06:00

 ガートナー ジャパンの「ITインフラストラクチャ、オペレーション&クラウド戦略コンファレンス 2019」が4月23~25日に開催された。セッションの1つとしてシニアディレクター兼アナリストを務めるギャビン・テイ氏が登壇し、「仕事の将来 - 2035年のシナリオ:ボットが大半を占める職場をリーダーはいかに管理するか」と題して講演した。

 2035年には、人工知能(AI)を活用したボットがほとんどの職場に浸透する。この時、どういう世の中になっているのかーーテイ氏は、「AIは新たな雇用を生み出す有益な存在になる」と断言する。

 テクノロジーが仕事に及ぼす影響については、はるか昔から予想されてきた。紀元前370年にソクラテスは、「書くことによって記憶が滅びる」と言った。ケインズは1930年時点で「今後100年で週15時間働くだけでよくなる」と語った。

 AIについては、1959年にI.J.グッドが、「20年後にはAIが全ての仕事を担い、人間は働く必要がなくなる」と予測した。一方、2012年にはトーマス・フレイが「2022年までに、AIと自動化によって10億人分の仕事が失われる」と予測した。

 ガートナーは、「AIボットによって消える仕事もあるが、生まれる仕事もある」と予測する。2019年時点では、消える仕事と生まれる仕事の比率は50対50だが、2020年には、AIは新たな雇用を生み出す有益な存在になる。2020年時点で、AIによって消える仕事は180万件であるのに対し、230万件が創出されるという。

AIの活用シナリオは4象限、人がAIを受け入れるかどうかも大切

 AIが労働環境に与えるインパクトは大きい。労働力の大半を機械が占める環境に向けて、リーダーはどう準備を進めるべきなのか。テイ氏は、AIの活用シナリオは4つに分類できるとしている。「人が機械を受け入れる/人が機械を拒否する」の軸と、「機械の能力が弱い/機械の能力が強い」の軸で、AIのシナリオは大きく4象限に分かれる。

  1. 人が機械を受け入れるが、機械の能力が弱い領域の典型が、ミニボットだ。さまざまな用途に専門特化したミニボットが普及している。われわれは既にボットの支援を受けている
  2. 機械の能力が弱過ぎて、人が受け入れられない領域の典型が、自動運転などだ。まだ人間が監視をしなければならない。ここでは「ボットマスター」と呼ぶ役割の人が必要になる
  3. 機械の能力が強く、人が受け入れられない領域の典型が、攻撃者と化すボットだ。最悪のシナリオであり、これらのボットに対抗するためにセキュリティが求められる
  4. 機械の能力が強く、人が受け入れられる領域もある。これが理想だ。生産性の最適化や迅速な取引、創造性などの源になる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]