編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ALSI、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービスを機能強化

NO BUDGET

2019-05-10 10:05

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は5月7日、同社のクラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection 」の機能強化を発表した。

 「InterSafe GatewayConnection」は、ウェブフィルタリングサービスを主軸に、マルウェア感染を防止する「アンチウイルスオプション」などを提供する、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス。プロキシーや仮想私設網(VPN)などの通信環境にあわせてさまざまな接続方法で利用でき、あらゆる端末とネットワーク環境下で安全なインターネット環境を提供する。

「InterSafe GatewayConnection WebフィルタリングサービスAgent」の利用イメージ
「InterSafe GatewayConnection WebフィルタリングサービスAgent」の利用イメージ

 強化したのは、2018年からiOS/Android端末向けに展開してきたウェブフィルタリング専用アプリケーション「InterSafe GatewayConnection WebフィルタリングサービスAgent」で、Windowsにも対応できるようにした。これにより、Windows、iOS、Androidといった主要なOSを搭載する端末での利用が可能になる。モバイル回線、組織内Wi-Fi、公衆Wi-Fiなど、あらゆるネットワーク環境下において、標準ブラウザー、アプリ内ブラウザーをはじめとした、HTTP/HTTPS通信を行うアプリケーションがフィルタリングの対象となる。

 今回のアップデートに併せて、「Chromebook」を利用する学校・教育機関向けに提供中の「InterSafe GatewayConnection Webフィルタリングサービス スクールパック」の対象OSをiOSにも拡充し、提供を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]