調査

クライアント仮想化市場、トップシェアは富士通に--IDC調査

ZDNET Japan Staff

2019-05-15 17:20

 IDC Japanは5月15日、国内クライアント仮想化市場に関する最新の調査結果を発表した。この調査では初めて、対象領域(シンクライアント専用端末、クライアント仮想化ソフトウェア、クライアント仮想化ソリューション:オンプレミス、クライアント仮想化サービス、モバイル仮想化ソリューション)のうち4つで富士通がトップシェアになった。

 シンクライアント専用端末では、2018年の出荷台数が総計24万3512台で、前年比19.3%増だった。主要ベンダー別では、富士通が初の首位となり、日本HP、デル、Atrust、NECが続く。フォームファクター別では、全体の43%をモバイルシンクライアントが占め、過去最高だった。なおモバイルシンクライアントは、世界市場では需要が低く、日本でのみ需要が高い製品という。

国内シンクライアント専用端末市場 ベンダー別 出荷台数シェア、2018年(Source: IDC Japan, 5/2019)
国内シンクライアント専用端末市場 ベンダー別 出荷台数シェア、2018年(Source: IDC Japan, 5/2019)

 クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)は、売上額が前年比6.6%増の6284億円で、ベンダー別では、富士通、日立製作所、NEC、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、IBM、NTTデータの順となった。同サービス市場では、売上額が12.6%増の676億円となり、ベンダー別シェアは富士通、日鉄ソリューションズ、NTTデータ、NEC、日立製作所、IIJの順だった

 モバイル仮想化ソリューションは、売上額が13.3%増の257億円で、ベンダー別シェアは順に富士通、e-Janネットワークス、NTTテクノクロス、スプラッシュトップ、RSUPPORTとなった。富士通は、主力製品「FENICS II」など企業向けネットワークサービスが前年比で大きく成長したとしている。

 調査を担当したPC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの渋谷寛氏は、「「2019年はデジタルワークスペースがさらに革新し、インテリジェントワークスペースへ発展するであろう。セキュリティ/認証系のクラウドサービス、ストレージサービスなどの新技術を見極めながら自社エンドポイント環境に融合させることが求められている」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]