編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ANA、旅客機にヒアラブル端末を導入--客室乗務員のコミュニケーションに活用

NO BUDGET

2019-05-29 10:42

 全日本空輸(ANA)は、5月24日からホノルル線に就航したA380型機「FLYING HONU」で、リコーが販売するヒアラブル端末「BONX Grip」を導入する。同製品を機内で使用するためのWi-Fi環境は富士通が構築した。

BONX Grip
BONX Grip(出典:富士通)

 AirbusのA380型機は二階建ての旅客機であることから、これまでよりも多くの客室乗務員が必要となる。従来、客室乗務員同士のコミュニケーションは、機内の数カ所に据え付けられたインターホンが主だったが、ANAでは同機就航に合わせて、客室乗務員同士が機内のどこにいてもWi-Fi環境下でコミュニケーションできるようにした。

BONX Gripの利用イメージ
BONX Gripの利用イメージ(出典:富士通)

 今後、ANAではA380型機だけでなく、他の機体への導入や地上で勤務する空港係員などへの導入も検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]