編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ウェブルート、自動VPN接続アプリ--公衆Wi-Fiで通信の盗聴を防止

藤代格 (編集部)

2019-06-03 06:45

 セキュリティソフトなどを開発、販売するウェブルート(港区)は公衆Wi-Fiで仮想プライベートネットワーク(VPN)に接続するアプリ「Webroot WiFiセキュリティ」を発表した。同日から日本の個人ユーザー向けに販売する。

 危険な疑いのある接続先の場合、自動でVPNに接続して通信を暗号化する。ネットワーク接続に最適なVPN接続サーバー、プロトコルを自動で確立し、安全で迅速なインターネット接続を提供するという。

 インターネット全体をスキャンして取得した世界中の脅威情報などをクラウド上で分析、URL間の隠れたつながりなどを明らかにする脅威情報サービス「Webroot BrightCloud」と連携。マルウェア感染やユーザー名、パスワードなどの盗難の可能性がある悪質サイト、リスクの高いサイトへのアクセスを防止するとしている。

 iOS、Android、Mac、Windowsに対応。App Store、Google Playストアのほか、ウェブサイトからPC向けソフトをダウンロードできる

 Windows、Mac、Android向けには、WiFi Security未起動時に全てのインターネットトラフィックを遮断できるオプション「Kill スイッチ」を提供する。オンラインバンキングなど、機密性の高い作業の安全を確保できるとしている。

 Play Storeでは、デバイス3台までの場合、月額だと580円、年間だと5980円。5台までの場合、月額は780円、年間だと7980円。

 App Storeでの税別価格は、デバイス3台までの場合、月額だと580円、年間だと5900円。5台までの場合、月額は780円、年間だと7900円。

 米国では2018年10月から販売しており、現時点では法人向けとしての提供予定はないという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]