編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグルの「Titanセキュリティキー」を分解--内部構造や搭載チップは?

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-07-06 08:30

 Googleの「Titanセキュリティキー」は、フィッシング攻撃によるアカウントの乗っ取りを防止する物理型の認証端末だ。2018年7月に発表されている。本稿では、Titanセキュリティキーを分解して内部構造を明らかにする。

 Googleの「Titanセキュリティキー」は、フィッシング攻撃によるアカウントの乗っ取りを防止する物理型の認証端末だ。2018年7月に発表されている。本稿では、Titanセキュリティキーを分解して内部構造を明らかにする。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]