グーグル、セキュリティチップ「Titan」の詳細を説明

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年08月28日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月24日、同社のカスタムチップである「Titan」によって、ファームウェアベースの攻撃からいかにサーバを保護するのかについてブログ上で解説した。


提供:Image: Google

 GoogleはTitanチップを披露した際、同社のクラウド内の各サーバに固有のアイデンティティを付与するために、このプロセッサを使用すると語っていた。

 同社は今回、この言葉の意味するところをより詳細に解説するとともに、各マシンにおけるファームウェアのロードと、同社のデータセンター内におけるその他の暗号化機能の提供をセキュアにするための「hardware root of trust」(ハードウェアに根ざした信頼性)の実現に向け、Titanがいかに機能するのかについて説明している。

 Titanは「セキュアなアプリケーションプロセッサと、暗号化コプロセッサ、ハードウェア乱数発生器、洗練されたキー階層、内蔵SRAM(Static Random Access Memory)、内蔵フラッシュメモリ、読み取り専用メモリブロック」から構成されているという。

 TitanはCPUと他のコンポーネントを精査し、「ブートファームウェアの全バイト」を監視し、サーバの電源が入れられた際に読み取り専用メモリからコードを実行する。また、ファームウェアが改ざんされていないかどうかもチェックする。

 Titanのブートメモリは自らのファームウェアをロードするにあたり、PKI(Public Key Infrastructure:公開鍵暗号基盤)を用いてそれを検証したうえで、PKIを用いてホストシステムのファームウェアを検証する。その後、Googleの検証済みブートファームウェアがマシンのコンフィギュレーションを行い、ブートローダとOSをロードする。

 Googleによると、これらの検証処理は、Titanのファームウェア自体へのパッチ適用機能とともに、起動時に実行されるコードの先頭バイト群の検証機能を有しているという点で、「Secure Boot」と呼ばれる起動時のファームウェア検証メカニズムよりも踏み込んだ内容になっているという。

 またGoogleは、Titanサーバがどのようにして各マシンに固有の暗号学的アイデンティティを付与するのかと、Titanのファームウェアにパッチを適用する必要性が出てきた場合に、どのようにそのアイデンティティを利用できるのかについて以下のように説明している。

 「Titanチップの製造プロセスでは、各チップ毎に固有の鍵用素材を生成し、その素材を来歴情報とともにセキュアなかたちでレジストリデータベースに格納する。このデータベースのコンテンツは、クォーラム(定足数)ベースで動作するオフラインの「Titan Certification Authorit(CA)」内に保存された鍵を用いることで、暗号学的に保護される」

 「個々のTitanチップは、(Titanのアイデンティティ管理者クォーラムの配下にある)Titan CAに向けた証明書署名要求(CSR)を生成することができ、これによりTitan CAはアイデンティティ証明の発行に先立って、レジストリデータベース内の情報を用いてCSRの真正性を検証できる」

 このシステムにより、GoogleのバックエンドシステムはTitan対応マシンに向けた鍵を提供できるようになるとともに、これらマシンが改ざんされていないかどうかを(マシンに対する管理者権限を有する悪意ある内部犯行者の手による改ざんであるかどうかにかかわらず)確認するための監査ログに署名できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化