海外コメンタリー

GEの「Google Glass」活用事例に見る--AR応用が次なる段階へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年08月18日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 拡張現実(AR)が工場での作業を変えつつある。GE Aviationにおける「Google Glass」の新エディション「Enterprise Edition」と、Upskillの拡張現実(AR)ソフトウェアの利用形態を見ることで、この言葉の意味が分かるはずだ。

GE Aviationにおける「Google Glass」の「Enterprise Edition」活用
GE Aviationは「Google Glass Enterprise Edition」を導入し、整備士の作業効率の向上と作業ミスの低減を図っている。
提供:GE

 GoogleはGoogle Glassの復活を発表した際、ARに現実の市場があるという証拠を示してみせた。それは法人向け市場だ。同社はGeneral Electric(GE)やAGCO、DHL、Sutter Healthのような大手顧客が既に「Google Glass Enterprise Edition」を試験的に導入していることを明らかにしたのだった。

 多くの企業のリーダーらが既にARに目を向けているのは明らかだ。米ZDNetの姉妹サイトTech Pro Researchが2016年に実施した調査によると、回答者の39%が既に自社にARを導入していると答えており、まだ導入していないとした回答者の67%も導入を検討中だと答えている。また、アナリストらもこの市場について楽観視している。IDCは法人セグメントにおける2016年のARヘッドセット出荷台数が11万1000台だったとし、2021年までに2000万台以上に増えると予想している。これは年平均成長率(CAGR)にすると184%にもなる。なおIDCは、2021年のARヘッドセット市場に占める法人セグメントのシェアが83%に達するとも予想している。

 では、何が現在から2021年までの成長をけん引するのだろうか?GEにおけるGoogle Glassの利用事例からは、ARがいかに成熟し、企業にとって成果の期待できる投資対象になったのかが見て取れる。GEのような大企業にとって、ARなどの新テクノロジを導入するためにワークフローを変更するというのは、簡単な取り組みとは言い難いのだ。

 GE AviationのTed Robertson氏は米ZDNetに対して、「GEは巨大な船舶であるため、ほんの少しの進路変更でも大きな運動量が必要となる」と述べたうえで、「スイッチ1つでものごとを変更できる小規模な新興企業とはわけが違う」と語っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算