調査

世界のAR/VRヘッドセット市場、2016年の出荷台数は1000万台超え--IDC調査

NO BUDGET

2017-04-06 09:42

 IDC Japanは4月5日、AR/VR(拡張現実/仮想現実)ヘッドセット市場における2016年の国内/世界出荷台数および世界市場予測を発表した。

 これによると、2016年の世界全体でのAR/VRヘッドセット出荷台数は1010万台で、2021年にはほぼ10倍となる9940万台に達すると予測されている。また、同市場の2016年~2021年の年間平均成長率は58%としている。

 国内市場では、2016年通年のAR/VRヘッドセット出荷台数は11万7000台だった。内訳はARヘッドセットが約7000台、VRヘッドセットが約11万台。また2016年第4四半期(10月~12月)の同出荷台数は、エンタープライズ用途を含め約9万台としている。VRヘッドセットの出荷台数では、ソニーの「PlayStation VR」が91.3%(約8万1000台)を占め、デジタルショールームやイベントなどエンタープライズ用途でのGear VRの利用が目立つサムスンは5.5%(約5000台)となった。サムスンの出荷台数のうち、エンタープライズ用途は約4割だった。


2016年 国内VRヘッドセット出荷台数 ベンダー別シェア

2016年第4四半期 国内VRヘッドセット出荷台数 ベンダー別シェア

 世界総売上高では、ARヘッドセットの2016年推定値は2億900万ドル。2021年には487億ドルに成長すると予測している。また、VRヘッドセットの同売上高は2016年の21億ドルから2021年は186億ドルに成長すると見込まれるという。


世界AR/VRヘッドセット出荷台数予測、2016年~2021年

 IDCは、Proを含めた「PlayStation 4」の国内累計出荷台数が2016年末で400万台を超えていることから、PlayStation VRの2016年第4四半期の出荷台数は消費者市場のニーズを満たしていないと推定している。これに伴い、VRに対する市場の関心は現在高まっているが、出荷台数や価格の問題から、PlayStation VRや「HTC VIVE」のような専用機ではなく、「Gear VR」などのビューワーを用いたスマートフォンによるVR事例も拡大しつつあるとしている。

 このような状況が継続すると、「最初のVR体験」デバイスの主流がスマートフォンとなるケースが増え、スマートフォンがVR市場のイニシアチブを握る可能性は否定できないという。また、VRヘッドセットはすでに100ドル未満から1000ドル以上の製品まで登場しているが、低コストのデバイスによるユーザー体験は初心者のVRユーザーを失望させる可能性があるため、技術普及を促すのではなく、むしろ阻害要因となる可能性があると指摘している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]