編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
海外コメンタリー

GEの「Google Glass」活用事例に見る--AR応用が次なる段階へ - (page 2)

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-08-18 06:30

 そもそもの始まりは、GE Venturesが社内でウェアラブルテクノロジと、Upskillの産業用スマートグラス向けARソフトウェアプラットフォームである「Skylight」を活用するアイデアを求めるコンペを開催したことにある。そのコンペの一環として、オハイオ州シンシナティに拠点を置くRobertson氏とそのチームは、工場での作業にGoogle Glassを導入するという計画を発案したのだ。なお、Upskillは2010年からARデバイス用の企業向けソフトウェアを開発しており、GE VenturesはUpskillに投資している企業のうちの1つだ。

 Robertson氏は「われわれのアイデアは、エンジンの組み立てに携わっているGEの整備士のもとにこのテクノロジをもたらす」というものであり、「われわれは世界各地の複数の施設でエンジン組み立て作業を実施しており、ここで新たに指摘したい点は、数多くの整備ミスが発生しているということだ」と説明している。

 UpskillはGEの要請を受け、該当プロセスにワイヤレストルクレンチを組み込んだ。これにより、飛行機のエンジンを手がけるGEの整備士らは、すべてのねじやボルトを設計通りの正しいトルクで締めつけられるようになった。また、Google Glassを利用することで、立ち上がってリファレンスマニュアルをチェックせずとも適切な設計指示を参照できるようにもなった。

 GEは当初、シンシナティで働く整備士15人に新システムを試用させた。同社はまず、Google Glassを使わずに特定の作業を行わせ、所用時間と、作業ミスの発生割合に関するデータを収集した。その後、昼食をはさんでから、Google Glassを着用した状態で同じ作業を行わせた。

 Google Glassの着用によって、GEは組み立て作業の主なポイントでのミスを低減できた。これは、同テクノロジによってGEとその顧客が膨大なコストを削減できるということを意味している。また、整備効率が8〜12%向上したことも確認された。さらに、整備士らはGoogle Glassを着用した作業形態を好んだという。

 Robertson氏によると「最終的に、すべての整備士からとてもポジティブな評価を得た。彼らの大多数は、数時間使用しただけで、現在使っているものよりもこちらを選択すると述べた」という。

 Robertson氏と同氏のチームは現在、このテクノロジの正式な配備に向け、試用結果の最終レポートをまとめているところだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]