編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

キヤノンMJ、セキュリティー運用監視サービス--セキュアソフトと協業

藤代格 (編集部)

2019-06-26 07:15

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、港区)は6月25日、セキュリティー機器監視サービスを発表した。セキュアソフト(渋谷区)のグループ会社サービス&セキュリティ(SSK、渋谷区)のセキュリティー監視センター(SOC)を活用。7月上旬から販売するという。

 ファイアウォール、不正侵入防止システム(IPS)、統合脅威管理(UTM)、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)など、マルチベンダーのセキュリティー機器を24時間365日、リアルタイムに監視。インシデントを検知、通知しつつ、セキュリティーエンジニアが分析したレポートも月次で提供するとしている。

サービスの概要(出典:キヤノンMJ)
サービスの概要(出典:キヤノンMJ)
現在の対応機器一覧(出典:キヤノンMJ)
現在の対応機器一覧(出典:キヤノンMJ)

 オプションとしてキヤノンMJグループのセキュリティーエンジニアが対策を支援するアドバンスサービスも提供。通知情報の詳細分析、インシデント発生時の対処法のアドバイスとともに報告会も実施できるとしている。

サービスメニュー一覧(出典:キヤノンMJ)
サービスメニュー一覧(出典:キヤノンMJ)

 税別年額利用料は144万円からで、販売はキヤノンMJグループが担う。今回のサービスを中核とするセキュリティー運用監視サービス全体で、2022年までに年間売上高10億円を目指すという。

 セキュアソフトは、IPS兼分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策アプライアンス「SecureSoft Sniper ONE」などを開発、販売するネットワークセキュリティーベンダー。2018年3月に開始したSOCサービスのほか、コンサルティング、人材派遣などから成るSSKのセキュリティ関連総合サービス「e-Gate」の販売している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]