グーグル、「Titanセキュリティキー」を日本でも発売

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2019-08-01 10:55

 Googleは米国時間7月31日、「Titanセキュリティキー」をカナダ、フランス、日本、英国の「Googleストア」で発売すると発表した。日本での価格は6000円(税込)。Googleは2018年にこの2段階認証用セキュリティキーを発表し、米国で先行販売していた。

Titanセキュリティキー
Titanセキュリティキー
提供:Google

 Googleによれば、TitanセキュリティキーはGoogleアカウントをハッキングやフィッシングから守るのに最適な手段の1つであり、探査や攻撃を受けることが多い、高価値のアカウントにとっては特に有効だという。このキーは、Googleのセキュリティシステム「Advanced Protection Program」(高度な保護機能プログラム)の一部としても使われる。

 FIDOオープンスタンダードに基づくこのセキュリティキーには、USB版とBluetooth版の両方が付属している。Bluetooth版については、ペアリングのプロセスに脆弱性が見つかったため、Googleは5月に無償交換を余儀なくされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]