編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

画像認識AIを美術作品に活用--横浜美術館で実証実験

大場みのり (編集部)

2019-08-09 18:30

 横浜美術館、NTTテクノクロス、NTT東日本神奈川事業部、アクアビットスパイラルズの4者は8月5日~9 月1日にわたり、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」の作品「いのちの木」において、画像認識AI(人工知能)サービス「かざして案内 for Biz」の実証実験を行っている。いのちの木は空間全体と作品とし、空間内に展示されている39点の作品が実証実験の対象だという。

横浜美術館コレクション展のいのちの木
横浜美術館コレクション展のいのちの木

 かざして案内 for Bizは、案内看板や建物、商品などにスマートフォンをかざすことで経路案内や観光情報などを表示するサービス。NTTが開発した。アクアビットスパイラルズが提供するQRコードとNFCタグに対応するクラウドコントロール型情報発信デバイス「スマートプレート」にスマートフォンをかざすと設定されたデジタルコンテンツを表示する。

 NTTのAI技術「corevo」の1つである「アングルフリー物体検索技術」により、斜めからかざしたり前に人がいたりしても対象物を約9割の精度で認識するという。また、必要な参照画像数は従来の10分の1程度なので、準備の負担低減につながるとしている。

 かざして案内 for Bizにより、来館者はスマートフォンを展示作品にかざすと作家名、作品名、制作年、素材、寄贈者が画面に表示される。横浜美術館の担当者によると、これらは通常キャプションボードに記載されている情報だが、今回は壁面全体が作品なのでキャプションボードの代わりに同サービスを活用することになったという。

かざして案内 for Bizをパウル・クレー《内なる光の聖女》に使用した様子。「Safari」で開くと接続しやすい(出典:横浜美術館)
かざして案内 for Bizをパウル・クレー《内なる光の聖女》に使用した様子。「Safari」で開くと接続しやすい(出典:横浜美術館)

 かざして案内 for Bizの特徴について、NTTテクノクロス エンタープライズ事業部 第二ビジネスユニット エンジニアの末永ありさ氏は「画像を認識して情報を表示するサービス自体は他社も提供しているが、専用アプリをダウンロードする必要がある。来館者にとって単発の利用のためにアプリをダウンロードするのはハードルが高いと思うので、ブラウザで利用できるようにした」と述べた。

NTTテクノクロスの末永氏
NTTテクノクロスの末永氏

 サービス自体は既に展開しているため、今回の実証実験では「美術館などのミュージアム系施設におけるかざして案内 for Bizの有用性」「来館者が同サービスを利用する際の操作性」を検証するとしている。

 各社の役割は、横浜美術館が同実証実験における展示の運営・作品情報の提供、NTTテクノクロスがかざして案内 for Bizの提供・利用状況の把握、NTT東日本が横浜美術館で構築済みの「ギガらくWi-Fi」による通信、アクアビットスパイラルズがスマートプレートの提供を担当する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]