編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

国内ERM市場シェア、2018年の首位はSAP、2位は富士通--IDC調査

NO BUDGET

2019-08-28 14:13

 IDC Japanは8月22日、国内ERM(Enterprise Resource Management)市場の2018年のベンダーシェアを発表した。これによると、2018年の同市場全体のシェア首位はSAP、2位は富士通、3位はオービックとなった。また市場規模(売上額)は、前年比3.0%増、2,140億9700万円となっている。

 この結果についてIDCでは、2019年10月の消費税増税と、インバウンドで活況を呈する流通/小売業界の需要増に加えて、パブリッククラウド製品の成長率が前年比32.0%増となり市場の成長に影響したとしている。

国内ERM市場ベンダー別 売上額シェア実績、2018年
国内ERM市場ベンダー別 売上額シェア実績、2018年(出典:IDC Japan)

 IDCでは、ERM市場を8種類の機能市場で定義している。機能市場には財務、人事管理、給与計算、販売管理、購買管理、EPM(Enterprise Performance Management)、EAM(Enterprise Asset Management)、PPM(Project and Portfolio Management)が含まれる。これらは基幹業務システムに相当し、一般的にはERP(Enterprise Resource Planning)と呼ばれている。

 従業員規模別に見ると、従業員1000人以上の大企業での成長率が1.7%増、同100人〜999人の中堅企業が同3.2%増、同100人未満の中小企業が同7.1%増、と企業規模が小さくなるほど成長率が高くなっている。従業員規模別でのシェア首位は大企業がSAP、中堅企業がオービック、中小企業がオービックビジネスコンサルタントとなった。また、前年比成長率が高かったベンダーは大企業がオービック、中堅企業がオラクル、中小企業がオービックだった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]