編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、Linuxカーネルでの「exFAT」利用を支援へ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-08-29 13:58

 Microsoftは長年にわたり、オープンソース製品から利益を上げる手段として特許を利用していた。同社の知的財産攻撃を象徴するのが、「FAT」(File Allocation Table)関連の特許だった。だが、今のMicrosoftは、当時のMicrosoftとは違う。第一に、Microsoftは保有する特許のうち6万件をオープンソース化した。そして今回、FAT関連の知的財産で最後に残っていた「exFAT」特許を「Linux」が利用できるようにしようとしている。

 Microsoftは、今はLinuxに好感を持っており、「何度もそう述べている。嘘偽りはない! 本日、当社のexFAT(Extended File Allocation Table)技術をLinuxカーネルに組み込む取り組みをサポートすることを発表できて、うれしく思う」と発表した。

 exFATは、初期のフロッピーディスク向けファイルシステムの1つであるFATをベースにしている。時は移り、MicrosoftはFATを「MS-DOS」や「Windows」の推奨ファイルシステムとし、FATは多くのアプリケーションでデフォルトのファイルシステムになった。Microsoftは2006年、exFATによって、USBドライブやSDカードのようなフラッシュメモリーストレージ機器でもFATが利用できるようにした。FATとexFATはいずれも、多くのストレージ機器で使用されている。それどころか、exFATは、SD Card Associationの規格に準拠した大容量SDカードの正式なファイルシステムだ。

 Microsoftは次のように述べている。

 われわれにとって重要なのは、Linuxカーネルに搭載されたexFATをLinuxコミュニティーが信頼して利用できることだ。そのために、exFATの技術仕様を公開し、この仕様に適合した、相互運用可能な実装の開発を促す。また、今後改定されるOpen Invention NetworkのLinux System Definitionで、exFATに対応したLinuxカーネルを含めることも支援する。これが受け入れられれば、3040社を超すOINの会員企業とライセンシーによる特許防衛の取り組みから、コードがメリットを受けられる。

 MicrosoftがLinux関連の特許に対する支配力を初めて緩め始めたころ、Software Freedom Conservancyの代表を務めるBradley Kuhn氏は、「善意の印として、MicrosoftがLinuxおよびLinuxユーザーに対するすべての特許攻撃を終結させ、exFATのコードそのものをGNU General Public License(GPL)バージョン2以降に基づいてアップストリームに提供する意志を固める」よう求めた。

 Microsoftの担当者によると、同社にそうするつもりはない。その代わりに「LinuxカーネルへのexFATの組み込みを支援し、それを促進するために、exFATの技術仕様を公開する。今後改定されるOINのLinux System DefinitionでexFATに対応したLinuxカーネルを含めることも支援する。しかし、LinuxカーネルへのexFATの組み込みは支援するものの、コードの提供はコミュニティーの他の会員企業が行う」という。

 Microsoftは、「exFATに絡む係争中の特許訴訟はない」とも述べた。

 次期版のLinux System Definitionが2020年第1四半期に公開されたら、OINの会員は、特許使用料を支払わずにexFATを利用できるようになる。OINの最高経営責任者(CEO)であるKeith Bergelt氏によると、他社との特許共有をいとわないのであれば、どの企業でもOINの会員になれるという。だが、OINに参加するのに特許を保有している必要はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]