編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

製造業のシステムを狙う攻撃ツールは約5000円から--トレンドマイクロ

ZDNet Japan Staff

2019-09-25 17:04

 トレンドマイクロは9月25日、製造業を標的にするサイバー攻撃者の動向について調べた報告書を発表した。製造業で使われるシステムを不正に利用するためのツールや、インターネットに公開された危険なシステムの状況などを紹介している。

 報告書によれば、製造業で使われるシステム(産業制御システム:ICS、監視制御システム:SCADA)を標的にする攻撃ツールは、インターネット上で5000~1万円ほどで販売されている。制御システムへの侵入に必要なパスワードを解析するという。

販売されているPLCのパスワード解析ツール(出典:トレンドマイクロ)
販売されているPLCのパスワード解析ツール(出典:トレンドマイクロ)

 攻撃者は、アンダーグラウンド市場の掲示板サイトなどでこうしたツールの売買やCAD/CAMファイル、ソースコード、機密文書などの情報を交換しているという。主な活動の目的は、メーカーなどから技術情報などを入手する産業スパイと見られている。

 また、インターネットから認証をすることなくアクセスできるICSも幾つか見つかったという。この場合、悪意のある人物がICSのHMI(Human Machine Interface:制御操作盤など)に遠隔からアクセスしてシステムの設定を変更したり、コマンドを発行したりできる。これによって製造機械に異常が発生するなどの危険性があり、機械の安定稼働や生産に影響が生じるといった被害が想定されるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]