編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

IP-PBXに刷新してナースコールをスマホで受信--ポケベルが入手困難に

藤代格 (編集部)

2019-09-30 07:15

 医療法人景雲会 春日居リハビリテーショングループの介護老人保健施設 勝沼ナーシングセンター(山梨県甲州市)はIPベースの構内交換機(PBX)「Avaya Office」を導入。ナースコールと連携させ、スマートフォンで着信できる体制を構築したという。9月25日、導入を支援したシネックスジャパン(江東区)が発表した。

 日常生活の支援が必要な認知症患者などへの介護、リハビリテーション施設として2002年に開所した勝沼ナーシングセンター。病室に完備するナースコールは、介護士が携帯するポケベルにつながっており、24時間体制でサービスを提供していたという。

 携帯電話やスマホの普及でポケベル端末の入手難易度が上昇。通信手段の刷新が急務だったという。Avaya Officeの導入でナースコールをスマホで着信できる体制を構築。現場の負担を軽減したとしている。スマホにインストールした専用のモバイルアプリで受信する仕組みとなっている。

勝沼ナーシングセンターの導入イメージ(出典:シネックスジャパン)
勝沼ナーシングセンターの導入イメージ(出典:シネックスジャパン)

 Avaya Officeは、IP-PBXのほかにウェブ会議などの機能をワンパッケージで提供するユニファイドコミュニケーションプラットフォーム。専用サーバー(アプライアンス)「IP500v2」のほかにVMwareの仮想環境でも稼働できる。

Avaya Officeの概要イメージ(出典:日本アバイア)
Avaya Officeの概要イメージ(出典:日本アバイア)

 Androidベースの専用端末「Vantage」のほかにSIP端末やアナログの固定電話機に対応。専用のモバイルアプリ「Equinox Client」をインストールすれば、iOSやAndroidのスマホで、社外でも内線番号にかかってきた着信を受けることもできる。

 用途に応じた複数デバイスへの同時ログインが可能で、すべてのデバイスおよびアプリで同時着信できるとしている。料金は非公表で、ユーザー数やスマホ、タブレット連携数によって異なるとしている。

使用可能端末例(出典:日本アバイア)
使用可能端末例(出典:日本アバイア)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]