編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
PDF Report at ZDNet

セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

PDF Report@ZDNet

2019-10-01 15:40

 ウイルス感染などのセキュリティ問題は、これまでいわゆるコンピューターの世界で起こるものというイメージがあったかもしれない。しかし、IoT(Internet of Things)の普及などによって、工場などで稼働する産業用制御機器(ICS)が今後当然のようにネットワークにつながるようになってくる。

 Industrie 4.0や第4次産業革命などと呼ばれる動きも、こうしたICSのネットワーク化を前提に語られている。ICSがサイバー攻撃を受け誤作動を起こしてしまうと、その被害はコンピューターの世界にはとどまらなくなる。人命にかかわるような物理的な被害も想定されてくる。

 鋼板加工機器でのウイルス感染は、2018年8月に新規導入した不正侵入検知システム(IDS)で不審なDNSクエリーを検知したことで分かったという。DNSサーバーのログ調査で、機器を設置した時期から2年近くに渡って不審なDNSクエリーが発生し続けていたことが分かった。

 ここにきて、自動車業界などでは、ICSのセキュリティ確保に向けた、会社の垣根を超えるような協業の動きも見られるようだ。製造業が特に多く、存在感を持つ日本ではなおさら、今後が懸念される話題でもある。

 産業用制御機器のセキュリティ面に焦点を当てた記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]