編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ソニー銀行、帳票出力を刷新--Accessで一枚ずつの印刷を省力化

藤代格 (編集部)

2019-10-03 07:15

 インターネット銀行のソニー銀行(千代田区、従業員数498人)は、Salesforce上から帳票を設計、そのまま出力できる「SVF Cloud for Salesforce」を採用。必要とする帳票をユーザー部門主導ですぐに設計、運用できる体制を構築したという。10月2日、SVF Cloudを開発、提供するウイングアーク1st(港区)が発表した。

 Microsoftのデータベース管理ソフト「Access」を活用し、顧客に書類を送る際の送付状、署名をもらう同意書、住宅ローン審査結果などの20種類ほどの帳票を出力。フォームへの個人情報入力、1枚ずつの印刷という高負荷の作業で作成していたという。

 データは勘定系システムから夜間バッチで取得し、最新情報の反映まで1日のタイムラグが発生していたという。長期活用しており、システム統廃合の検討時期が来ていたとしている。

 ソニー銀行では、2015年からカスタマーサービス支援システム「Service Cloud」を導入、連携できる帳票ツールを検討。帳票レイアウトがExcelで開発、修正できるツール「Excel Designer」や、他社での導入実績、サポート体制などを総合的に評価したという。

 SVF Cloudは、Service Cloudと画面上から連携し、帳票の印刷までが可能。事業部約110人の社員、80人の業務委託スタッフで1カ月あたり200~300枚の帳票を出力しており、ITスキルにかかわらず使いこなせているという。

 ユーザー部門主導で帳票を新規開発、修正できるため、消費税変更に伴うローン手数料の変更など、タイムリーに業務改善できるという。情報システム部門へ依頼していた帳票の新規開発に要する期間、コストも大幅に削減したとしている。

導入イメージ(出典:ウイングアーク1st) 導入イメージ(出典:ウイングアーク1st)
※クリックすると拡大画像が見られます

 SVF Cloud for Salesforceは、帳票をSalesforce上からボタン一つで出力、PDF、Excel、印刷、メールなどで利用できるSaaS。そのままの出力に加え、アドインを活用してデータを指定箇所へマッピングできるノンプログラミング帳票設計ツールのExcel Designer、「Cloud Designer」「Word Designer」などの機能があり、帳票デザインが簡単に作成、修正できるとしている。

サービス概要(出典:ウイングアーク1st) サービス概要(出典:ウイングアーク1st)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ポイント制を採用した6つの月額プランを用意。各プランに応じて1年間有効なポイントを付与するという。追加での購入も可能。最小のプランSは月額利用料金3万円。6プランともに初期導入費用として20万円が必要。そのほか、大規模利用を前提に実行環境をコンテナ化する、月額利用料金50万円からの専用プラン「Enterprise」も用意している。

ポイント制を採用している(出典:ウイングアーク1st) ポイント制を採用している(出典:ウイングアーク1st)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]