編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows 10」バージョン1703のサポート終了

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-10-10 14:04

 「Windows 10」バージョン1703(「Creators Update」)の「Enterprise」エディションと「Education」エディションのセキュリティアップデートが提供されるのは、10月の月例パッチで最後となった。

 Microsoftは、2017年4月にWindows 10のバージョン1703をリリースした。30カ月間サービスを提供してきた。

 8月には、バージョン1703のサポート終了が迫っていることを管理者に警告した。10月9日にサポートが終了したため、多くの組織はすでにアップグレードを済ませているはずだ。

 Microsoftは、バージョン1709と1803のEnterpriseエディションのサポート期間を30カ月としている。バージョン1809以降は、3月をめどにリリースされるバージョンはすべてサポート期間が18カ月、9月をめどにリリースされるバージョンは30カ月となる。

 HomeエディションとProエディションのサポートは、EnterpriseエディションやEducationエディションより1年早く終了する。

 次にサポートが終了する一般ユーザー向けバージョンは1803で、11月12日にサポートが終わる。バージョン1809は2020年5月12日、バージョン1903は2020年12月まで利用できる。1803のサポート終了が迫っているため、Microsoftはアップグレードを促している。

 分析会社AdDuplexの最新データによると、バージョン1803はまだWindows 10搭載PCの過半数で利用されているという。Windows 10搭載デバイスは9億台に達しており、そのうち10万台のPCのみを対象にした数字ではあるが、AdDuplexはこれまで普及傾向を正確に把握してきた。

 AdDuplexの調査によると、7月時点で「Windows 10 May 2019 Update」(バージョン1903)の普及率は1カ月で5ポイント増加し、PCの11.4%で利用されているという。

 「Windows 7」のサポート終了も2020年1月14日に迫っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]