編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows 10 Enterprise/Education」機能アップデートのサポート期間を延長へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-09-10 11:27

 「Windows 10」の機能アップデートのペースが速すぎるというITプロフェッショナルの声を受けて、Microsoftは同OSへの新しい機能アップデートのサポート期間を延長しようとしている。その一方で、年に2回のWindows 10の機能更新をリリースするポリシーは今後も継続する意向だ。毎年3月と9月に新機能のアップデートをリリースするこのポリシーは、これからも維持される。

 その代わり、Microsoftは「Windows 10 Enterprise」および「Windows 10 Education」エディションのユーザーのみを対象に、新しいサポートスケジュールに移行する。これにより、それらのエディションのユーザーは事実上1年おきにOSをアップデートするだけで済むようになる。

 まず、「Windows 10 Home」「Windows 10 Pro」「Office 365 ProPlus」のユーザーは全く影響を受けない。これらの製品への年2回の機能アップデートは、3月と9月の機能リリースの両方で18か月間サポートされる。米国時間9月6日に発表された変更の影響を受けるのは、Windows 10 EnterpriseおよびEducationのユーザーだ。

 Windows 10 EnterpriseおよびEducationエディションの現在サポートされている全ての機能アップデート(バージョン1607、1703、1709、1803)は、最初のリリース日から30カ月(2年半)の間、サポートされる。9月のリリースを目指すWindows 10 EnterpriseおよびEducationエディションの今後の全ての機能アップデート(バージョン1809から適用)は、リリース日から30カ月間サポートされる。

Microsoft
提供:Microsoft

 3月のリリースを目指すWindows 10 EnterpriseおよびEducationエディションの今後の機能アップデート(バージョン1903/開発コード名「Windows 10 19H1」から適用)は、これからも最初のリリース日から18カ月間サポートされる。Microsoft関係者によると、この18カ月のサポート期間は、より高速なWindows 10機能アップデートの提供ペースに満足している人をこれまで通りサポートするという。

 9月のアップデート向けにサポート期間を延長し、3月のアップデート向けに延長しない理由について、OfficeおよびWindows担当コーポレートバイスプレジデントのJared Spataro氏は、予算サイクルの都合や、アップデートに関して話題が出てくる時期(Microsoftの「Ignite」や「IT Pro」カンファレンスが秋に開催される)であることから、顧客は秋にアップデートする傾向にありそうだと同社が考えているためだと述べた。

 筆者はSpataro氏に対し、春と秋のアップデート向けのサポートの違いは、Microsoftが春のアップデートを「マイナー」、秋のアップデートを「メジャー」と考えているということなのかと聞いたところ、そうではないと同氏は述べた。

Windows

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]