編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

国内プライベートクラウド市場規模が5000億円台を突破--IDC調査

ZDNet Japan Staff

2019-10-24 18:15

 IDC Japanは10月24日、国内プライベートクラウド市場の最新予測を発表した。2018年の同市場の規模は前年比38.6%増の5764億円だった。2018~2023年の年間平均成長率(CAGR)は36.4%で推移し、2023年に2018年比で4.7倍の2兆7194億円になると予測している。

 一方、同社が3月に発表した国内パブリッククラウドサービス市場の最新予測では、2018年の同市場の規模は前年比27.2%増の6688億円だった。また、2018~2023年のCAGRは20.4%で推移し、2023年に2018年比で2.5倍の1兆6940億円になると予測した。

国内プライベートクラウド市場 支出額予測、2018年~2023年(出典:IDC Japan)
国内プライベートクラウド市場 支出額予測、2018年~2023年(出典:IDC Japan)

 今回の予測について同社は、国内市場ではプライベートクラウドよりもパブリッククラウドに対する注目度が高まっていると指摘する。パブリッククラウドに対するユーザー企業のセキュリティの懸念が解消傾向にあるほか、既存アプリケーションのパブリッククラウド移行におけるベストプラクティスの整備や運用サービスの拡充、人工知能/機械学習、クラウドネイティブアーキテクチャーなどの技術の発展があるとしている。一方で、特にIaaS/PaaSの導入では新しいスキルの習得、運用や管理の見直し、ソフトウェアライセンスやコストの管理強化をユーザー企業に要求されることが導入障壁だとした。

 プライベートクラウドでも、セキュリティやサービスの強化、運用サービスなどの拡充が進み、「過去資産(ソフトウェアやITスキル)の継承性」「柔軟な運用性」「システム/データの配備場所」を重要してプライベートクラウドを選択するユーザー企業も多く、同市場の成長を促進していると解説。また、基幹系システムなど既存ITの効率化を目的とするものから、コンテナーや人工知能/機械学習、オープンAPIなどの新技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)目的への広がりが見られるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]