編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

エフセキュア、革新的AIリサーチプロジェクトを始動

NO BUDGET

2019-11-29 06:00

 セキュリティ企業のエフセキュアは、同社の検知および対応技術で現在使用されている分散型人工知能(AI)メカニズムをさらに推進するため、リサーチプロジェクト「Project Blackfin」を立ち上げた。

 同プロジェクトは、アリのコロニーや魚の群れに似た群知能などの集団知能技術を使用して、分散した自律的な適応型マシンラーニングエージェントの集団を動かすことをメインテーマにしている。これにより、単一の集中型AIモデルから指示を受け取る代わりに、共通の目標を達成するために相互に通信して作業するインテリジェントエージェントを開発する。

 こうしたアプローチを採用することで、エージェントは、ローカルホストおよびネットワークから観察した内容に基づいてシステムを保護することを学習し、さまざまな組織や業界で学習した観察および緊急行動によって、さらに強化されたものになるという。

 プロジェクトには、AIとサイバーセキュリティのリサーチャー、数学者、データサイエンティスト、マシンラーニングのエキスパート、エンジニアなどが参加する。エフセキュアでは、同プロジェクトは侵害や攻撃を検知するだけでなく、コンピューターネットワーク、または送電網や自動運転車などのシステムの全体的な健全性、効率、有用性を監視するAIエージェントを開発することにもつながるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]