編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

いずみHD、棚卸・在庫管理にAI OCRを導入--帳票のデータ入力を効率化

NO BUDGET

2019-12-09 13:24

 ソフトウェア企業のCogent Labs(コージェントラボ)は、食品卸売業を展開するいずみホールディングスと食品流通ソリューションを構築。いずみホールディングスが開発した棚卸・在庫管理システムに、コージェントラボが提供する手書き文書データ化サービスAI OCR(人工知能を活用した光学文字認識)「Tegaki」を導入した。棚卸・在庫管理システムと連動するOCRサービスは業界で初めてだといい、11月1日から運用されている。

Tegaki導入前後の工程フロー(出典:コージェントラボ)
Tegaki導入前後の工程フロー(出典:コージェントラボ)

 いずみホールディングスは棚卸・在庫管理システムにTegakiを導入することで、従来は手作業で行っていた棚卸のデータ入力業務の効率化を図る。品名や数量が手書きで記入された帳票をスキャナーを使って画像データに変換しTegakiで読み取ることにより、帳票上の情報を素早くデータ化。データ化された帳票はそのまま在庫管理システムに登録され、商品在庫の過不足を瞬時に確認できるようになる。

 従来棚卸し帳票のデータ化には、帳票1枚当たり30分程度の処理時間を要していたが、Tegakiを導入することで10分程度まで短縮できると見込まれている。目標は、約7割の業務効率化だという

 両社は今後、同サービスの運用ノウハウをもとに、ファックスによる「自動受注システム」の開発や、全国の卸売市場の「販売管理システム」への適用などを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]