編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

NEC、新国立競技場に全長640mの360度全周型リボンボードを提供

NO BUDGET

2019-12-23 11:24

 NECは、全長640mとなる国内最大級の360度全周型リボンボードを新国立競技場に提供した。リボンボードで表示するコンテンツを統合管理する映像送信システムも併せて構築した。

 360度全周型のリボンボードは、さまざまなコンテンツを1つの画面に表示でき、競技やイベントで迫力のある演出を可能にする。2層からなるスタンドの先端に縦約1mのディスプレイが競技場内を囲むように設置され、演出や広告、情報発信などの映像を全ての観客席から見られる。

 高温や防水など耐環境性とともに、平方m当たり最高5000カンデラの輝度を備えており、日中でもはっきりと視認できるという。

360度全周型リボンボード
360度全周型リボンボード(写真提供:日本スポーツ振興センター)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]