編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Windows 7のPCはまだ1492万台が残存--マイクロソフト

ZDNet Japan Staff

2019-12-24 14:31

 日本マイクロソフトは12月24日、2020年1月14日にサポートが終了するWindows 7からWindows 10への移行を改めて呼び掛けた。Windows 7で稼働するPCは12月時点で国内にまだ1492万台あり、Windows全体の19%を占めているという。

 同社によると、7~12月に国内では約500万台以上のPCが新環境に移行しており、Windows 10の稼働は68%に達したと推測する。

 Windows 7で稼働するPCは、12月時点で法人が813万台、一般家庭では679万台あり、7月から法人では328万台、一般家庭では192万台それぞれ減少した。それでも2020年1月時点で、法人で753万台、一般家庭では638万台のWindows 7搭載PCが残存すると予想している。

国内におけるWindows 7の稼働推移 国内におけるWindows 7の稼働推移
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]